【モンハンライズ】加工屋で買って良かった防具3選!ランサー目線で部位ごとに分けて紹介。(ver.1.1.2時点)

アイキャッチ画像装備紹介
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

こんばんは。テク(@Tech_Lancer)です。

モンハンライズ発売から1ヶ月経ちましたが、ハンターの皆さんは狩猟生活を楽しんでいますでしょうか?

筆者はブログの更新だったり、将来豊かに暮らすための勉強もしつつ、狩猟生活もそれなりに楽しんでいるところです。


さて、今回はモンハンライズ内の加工屋で販売されている防具のうち、筆者が買って良かったと思える防具を「」の5パーツ毎に3種類ずつご紹介していこうかと思います。


スキル面で使用している方が多いと思われる防具パーツから、ストーリー攻略時に役立った防具パーツまで紹介しているので、上位上がりたての時とかを懐かしみながらも読んで頂けるかなと思います。

筆者はランサーなので、ランサーの方であれば結構被る防具もあるかも(笑)


それでは早速行ってみましょう!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

加工屋で買って良かった防具3選(頭パーツ)

まずは頭パーツからご紹介!

禍鎧・覇【兜】

まずは禍鎧・覇【兜】です。

本作のメインモンスター、マガイマガドの防具の1つですね。

Lv2のスロットが付いているので、スキルの拡張性に優れているのもポイント。


そして何と言っても、本パーツの魅力は貴重な匠スキルが付いていること。

さらにランサーには嬉しいひるみ軽減Lv1が付いて来ることも忘れてはなりませんね。

「匠」を積んだ装備を作る際は大体この防具が採用されます(笑)


ジンオウSヘルム

お次はジンオウSヘルムです。

名前の通り、雷狼竜ジンオウガの防具の一つですね。

痒いところに手が届くLv1スロットが一つ付いています。


注目スキルは弱点特効

本作でも相変わらず人気スキルの一つとして輝いていますね。

弱点特効Lv2の護石を所持していれば、この防具と護石だけで弱点特効Lv3が発動できます。

筆者も弱点特効を盛った装備によく使っている防具の一つです。


ディアブロSヘルム

続いてはディアブロSヘルムです。

その名の通り、角竜ディアブロスの防具の一つですね。

こちらもLv2のスロットが一つあるので、スキルの拡張性にも優れたパーツとなっています。


スキルで注目すべきはやはりガード性能Lv1があること!

上位後半の攻略装備では頻繁にお世話になりましたし、ラスボス討伐後も使用頻度が高いパーツの一つです。

スタミナ急速回復Lv1も、Lv1ではあまり恩恵は受けられないものの、完全に効果が無いスキルというわけではないのでおまけ程度だと思えば。


次の項目では買って良かった防具、胴パーツ編をご紹介致します。

加工屋で買って良かった防具3選(胴パーツ)

お次は胴パーツ編です。

ジンオウSメイル

頭パーツに続いて、胴パーツもジンオウS防具がランクインです。

地味に嬉しいLv1スロットが一つあります。


理由としては、頭パーツと同じくスキルに弱点特効Lv1があるためです。

筆者の場合、ジンオウSメイル+護石で弱点特効Lv3を発動させている装備の組み合わせが多かったりします。


ディアブロSメイル

こちらも頭パーツに続いてのランクインです。


ディアブロSヘルムはガード性能Lv1でしたが、ディアブロSメイルはガード性能Lvが2も付いていて、かつ攻めの守勢まで付いて来るという優れモノ。

ディアブロS頭と胴を組み合わせるだけでガード性能Lv3が発動できるので、上位終盤でお世話になったランサーさんも多いのではないでしょうか。

筆者ももちろんそうでしたし、ラスボス討伐後も組み合わせで使える優秀な防具の一つとして重宝しています。


オロミドSメイル

お次はオロミドSメイル

強敵と名高い泥翁竜オロミドロの防具の一つですね。


特筆すべきはやはり業物Lv2が付いていることです。

匠をつけず、業物で運用する際にはとても重宝します。

ただし、スキルが優秀なためか、生産にオロミドロのレア素材である「泥翁竜の黄玉」を要求される点については要注意です。


次の項目では買って良かった防具、腕パーツ編をご紹介致します。

加工屋で買って良かった防具3選(腕パーツ)

お次は腕パーツ編です。

禍鎧・覇【篭手

マガド防具の一つである禍鎧・覇【篭手】がランクイン。

スロットLv2が付いていることに加えて、スキルもこれまた嬉しいものになっています。


マガド頭は匠Lv1でしたが、腕は何と匠Lv2が付いています。

現状、匠を積みたい装備ではほぼ必須となるくらいには貴重で、かつ優秀な防具ですね。

マガド頭とマガド腕で匠Lv3を発動させ、他の部位で弱点特効を積む・・といった装備構成が筆者的にはよくあります。

また、生産にはマガイマガドのレア素材怨虎竜の紫玉」が一つ要求される点は注意。


レウスSアーム

お次はレウスSアームです。

何かと嬉しいスロットLv2が一つ付いています。


そしてスキルは攻撃Lv2が付いております。

筆者が頻繁に使う装備構成ではあまり採用率が高くない防具ですが、攻撃力を盛りたい時にはお世話になりやすいです。


バサルSアーム

続いてはバサルSアーム

こちらは上位攻略時によく使っていた防具ですね。


よく使っていた理由としては、言うまでもなくガード性能が付いて来るからです。

さらには砥石使用高速化Lv1まで付いて来るので、研磨珠をこの防具に2つ詰めるだけ砥石使用高速化Lv3が発動できちゃったりします。


次の項目では買って良かった防具、腰パーツ編をご紹介致します。

加工屋で買って良かった防具3選(腰パーツ)

お次は腰パーツ編です。

ジャナフSコイル

ワールドやアイスボーンではほとんど縁の無かったジャナフ防具ですが、ライズにて頻繁に使うようになりました。

理由はスロットLv2-1-1という嬉しいスロット数に加えて、後述のスキルが優秀だからですね。


そう、攻撃Lv2がついてきます。

攻撃力を盛りたい装備には高確率で採用されるパーツですね。


ライズでは現状、上位防具の腰パーツに攻撃Lv2が備わっている防具はジャナフSレウスSドーベルバギィSの4つありますが、スロット数が以下のようになっています。

攻撃Lv2腰防具のスロット数

・ジャナフS・・・Lv2-1-1
・レウスS・・・Lv2
・ドーベル・・・Lv2
・バギィS・・・Lv1


ご覧の通り、スロットの数が最も多いのがジャナフSなので、少しでもスキルを多く積もうと思った場合はこれ一択になりやすいです。


そして「うまい話には裏がある」と言うことで、これだけの性能を備えたパーツの生産にはやっぱりレア素材が要求されるもの。

素材元であるアンジャナフのレア素材「蛮顎竜の宝玉」が一つ必要になります。

もちろんそれだけの見返りは大きいので、作っておいて損はしません!


スカルダSアンカ

お次はスカルダSアンカです。

RARE4防具なので防御力が心許なくスロットも無いですが、後述のスキルのおかげで筆者的には今でも採用しやすい防具となっています。


はい、弱点特効Lv2ですね。

上位の比較的序盤で生産できる防具としては、かなり優秀なのではないでしょうか。

弱点特効の護石に恵まれるまでは、ジンオウS防具と並んで重宝していました。


ボロスSコイル

続いてはボロスSコイルです。

筆者が上位に上がってボルボロスに挑めるようになって、素材が集まったら真っ先に作った防具です(笑)


理由はもちろん、ガード性能Lv2が付いて来るからですね。

ほとんどアテにはならないけれど、防御Lv1も上位序盤では割と嬉しかった・・かも。

ディアブロS防具一式が作れるまでは愛用していたパーツでした。


さて、次の項目が最後になります。

買って良かった防具、脚パーツ編をご紹介致します。

加工屋で買って良かった防具3選(脚パーツ)

最後は脚パーツ編です。

ジュラグリーヴ

ワールドではあまり縁が無かったジュラトドス防具ですが、後述のスキルとスロット数のおかげで使う頻度が増えました。


そう、ガード強化Lv2が付いて来るからですね。

ガード強化の装飾品が作れるまではこの防具で代用していたことが多かったです。


ガード強化の仕様変更について

今作のガード強化はアイスボーンまでと違い、以下のような仕様になっています。

「ガード強化」の仕様変更点

■アイスボーンでは・・・Lv1のみでガード強化が発動
・ダメージ軽減については記載なし
■ライズでは・・・Lvが3まで用意されている
・ダメージ軽減の記載が加わり、Lv1で30%、Lv2で50%、Lv3で80%と軽減率が高くなっていく


上記のように、従来のガード強化の効果「通常ではガードできない攻撃がガードできるようになる」がLv1の時点で発動することには変わりないのですが、ダメージ軽減率の設定がライズで新たに加わっており、ガード強化Lv3にすることでようやく従来とほぼ同じ削りダメージ量になるので、削りダメージを最小限に抑えたい場合はLv3にしておくことをオススメします。


オロミドSグリーヴ

続いてはオロミドSグリーヴです。

胴パーツでもオロミドS防具は重宝していますが、後述する理由から脚パーツも重宝しています。

スロットもLv3-1なのでスキルの拡張性が広いのもポイント。


スキルは業物Lv1となっており、オロミドSメイルと組み合わせることで2部位で業物Lv3が発動できます。

現状、業物の装飾品が存在せず、業物の発動には護石か防具頼みになってしまうため、業物運用したい場合はオロミドSグリーヴオロミドSメイルのお世話になることが多いです。


カガチSグリーヴ

最後はカガチSグリーヴです。

後述のスキルと、嬉しいスロットLv2-1を搭載していることが本防具を選んだ理由です。


注目スキルは見切りLv2ですね。

会心率を盛りたい装備を作る際、頻繁にお世話になっています。

今作では達人珠スロットLv2を必要とするようになってしまったので、装飾品で発動させようとするとちょっと厳しい場合も出てきます。

そんな時にカガチSグリーヴは重宝しますよ。


まとめ

さて、まとめです。

今回はいつもと違ってガジェットレビュー的な感じでモンハンの記事を書いてみましたが、いかがだったでしょうか。

自分もよく使ってるパーツだ!」とか「こんなパーツもあったのか」といった風に、装備を組む上で何か新たな発見があれば幸いです。


また、ランス装備の組み方にお悩みの方は下記の記事と併せて読んで頂くと、自分に最適なスキル構成が浮かんでくるかもしれませんね。


本記事は以上となります。

Twitterの方でもモンハンの情報やランスの魅力などなどを日々発信しているので、この記事を読んで筆者に興味を持ってくださった方がいらっしゃったら、ぜひTwitterも見に来てみてくださいね。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ではまた!

スポンサーリンク
装備紹介
スポンサーリンク
\良かった・役に立ったと思ったらぜひシェアをお願いします/
テクをフォローする
テクに狩る

コメント

タイトルとURLをコピーしました