【サンブレイク】ランスの選び方を3パターンで解説!モンスターの弱点属性&自身のプレイスタイルに合わせよう

ランスの選び方解説 ランス(Sunbreak)
この記事は約17分で読めます。
記事内にGoogle AdSense等の広告が含まれています。
この記事の対象者

・ランス初心者さん(武器選びの判断基準から知りたいという方)

・他武器種使いさんで、これからランスを使い始めたい方

どうも、ランス愛好家のテク(@Tech_Lancer)です。

筆者は普段、ランサーとしての情報発信をしているので、Twitterなどで「ランスを始めてみようと思っていますが、おすすめのランスとかありますか?」と聞かれることがあります。

ご質問自体はとっても嬉しいのですが、一口に「おすすめのランス」と言われても、以下の理由から「これだ!」とは答えられないのです。

・ランスでどのモンスターを狩りたいのか

・ご本人がどんなプレイスタイルを希望するのか(火力重視、匠運用、達人芸や剛刃研磨運用など)

テク
テク

ご本人のプレイスタイルや価値観に合わないランスをおすすめするのは、筆者としても気が引けます。


そこで本記事では、

自分のランスの選び方を3パターンで解説!
モンスターの弱点属性&自身のプレイスタイルに合わせよう

というテーマで、

  • 物理攻撃がよく効くが、属性攻撃は効きにくいモンスター
  • 物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスター
  • 物理攻撃が効きにくいが、属性攻撃は効きやすいモンスター

の3通りのパターンにおける、筆者流のランスの選び方を紹介します。

この記事を読むことで、

狩りたいモンスターとの相性が良くて

かつ自分のプレイスタイルに合ったランスを選ぶ方法が身につけられます。

この記事の結論

物理攻撃がよく効くが、属性攻撃は効きにくいモンスター
攻撃力を最優先、次点で斬れ味会心率を優先。最後に属性

物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスター
攻撃力、次点で斬れ味会心率、最後に属性

物理攻撃が効きにくいが、属性攻撃は効きやすいモンスター
斬れ味を最優先、次点で属性、最後に攻撃力会心率

・サンブレイクのモンスターは「物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスター」がとにかく多い

※本記事では期待値などの小難しい話は言及しません。あらかじめご了承ください。

テク
テク

いわゆる「魚を与える」のではなく、「魚の釣り方」を教えます。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
テク

MH歴12年のランサー。26歳。
X(Twitter)フォロワー1.2万人。
4G、IB、SBではランス回数カンスト済み。
ワイルズはSteam版を購入予定。

当サイト「テクに狩る」は、管理人テクの「ランス好き」が高じて出来たもの。

モンハンを10年以上ランス一筋でプレイしてきた経験を活かして「ランスの楽しさ・魅力・知識」などをわかりやすく発信しています。

管理人の生態詳細はこちら

愛用中のデバイス一覧をギアティクスにて公開中。

モンスターの弱点属性&自身のプレイスタイルに合ったランスの選び方

ミネーレと鋼槍狩人
ミネーレと鋼槍狩人

それではさっそく、モンスターの弱点属性と自身のプレイスタイルに合ったランスの選び方を解説していきます。

【ランスの選び方3パターン】

・パターン1:物理攻撃がよく効くが、属性攻撃は効きにくいモンスターを狩る場合

・パターン2:物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスターを狩る場合

・パターン3:物理攻撃が効きにくいが、属性攻撃は効きやすいモンスターを狩る場合

参考:ランスを選ぶ際に意識したいこと

■ランスは手数で攻める武器

斬れ味の消耗が比較的激しいため、斬れ味の長さは重要

→手数で攻める武器なので、属性値の高さによる恩恵も受けやすい

モーション値が高い技もいくつか存在するため、物理攻撃力もやっぱり大事
※モーション値=各武器種に設定されている技ごとの攻撃力のこと

テク
テク

上記を踏まえて、以下よりそれぞれのパターンを詳しく解説します。

パターン1:物理攻撃がよく効くが、属性攻撃は効きにくいモンスターを狩る場合

ガランゴルムの肉質表
ガランゴルムが良い例。なお、両前脚に付着物を纏っていると物理肉質と属性肉質が変化する。

パターン1は「物理攻撃がよく効くが、属性攻撃は効きにくいモンスターを狩る場合」です。

ここで言う「物理攻撃がよく効く」「属性攻撃は効きにくい」の定義は、下記になります。

物理攻撃がよく効く
肉質40以上の部位が存在し、なおかつ該当部位をメインで狙いやすいこと

属性攻撃が通りにくい
メインで狙うことになる部位属性肉質10以下であること

テク
テク

いくら物理攻撃が効きやすくても、肉質が軟らかい部位がランスで届きにくい位置にあったら意味が無いですからね。

ワンポイントアドバイス

ランスの場合、どんなモンスターであっても頭を狙える機会が非常に多いです。そのため、頭の肉質を基準にして選ぶのも良いでしょう。

※ボルボロスなど、頭の肉質が硬いモンスターは、他の部位で一番軟らかい部分の肉質を参考にします。

「物理攻撃がよく効くが、属性攻撃は効きにくいモンスター」を狩る場合、ランスを選ぶ際の指標は以下の通りです。

攻撃力を最優先、次点で斬れ味会心率を優先、最後に属性

テク
テク

とりあえず物理攻撃力で攻めるスタイルですね。スロットに関しては、Lvが高い&多いほうが良いです。

なお、サンブレイクでは「物理攻撃がよく効くが、属性攻撃は効きにくいモンスター」は非常に少なく感じます。

すぐに思い浮かぶのは

  • ガランゴルム(付着物なし状態)
  • ライゼクス(非帯電状態)

くらい。

ライゼクスを例にしてみる。対ゼクスで筆者おすすめのランスは「氷騎エクティス」

本項目では、ライゼクスを例にして紹介します。

ランスでライゼクスを狩る際、メインで狙いやすい部位は「トサカ(頭)」と「」です。

テク
テク

たまに尻尾も。

ライゼクスの肉質表

トサカの肉質(切断属性)は55と、弱点特効が適用される肉質設定です。

翼の肉質(切断属性)は25ですが、帯電すると「55」に変化します。

一方で「トサカ(頭)」と「翼」の氷属性肉質は「10」となっていますね。

※帯電状態になると、の氷属性肉質は25に変化

以上のことから、ライゼクスは氷属性が弱点属性とはいえ、効き目はそこまで強くありません。

そのため、ここは属性よりも物理攻撃力を優先して武器選びをした方が良いことが分かります。

対ライゼクス戦で筆者がおすすめしたいランスは、Ver14より登場したイヴェルカーナのランス「氷騎エクティス」ですね。

【関連記事】
【サンブレイク】アプデで冰龍のランス「氷騎エクティス」復活!冰気錬成Lv3を含めた専用装備紹介も【Ver14.0.0】

氷騎エクティスのステータス
アプデで追加されただけあって、なかなかの高水準。

攻撃力は340と高めで、氷属性値も28と低すぎない数値です。

加えて斬れ味も素で紫を備えており、嬉しいスロットLv4-1も。

テク
テク

武器性能、スキル拡張性に優れた一本と言えます。

継戦能力を伸ばしたい!」という方は、匠スキルを積むと良いでしょう。

火力スキルも積みたいし、斬れ味補助系スキルも入れたい・・」という方は、匠を捨てて「剛刃研磨」で斬れ味消費を抑えるのが良いかも。

テク
テク

筆者はエクティスを使う際、見切りLv7+弱点特効Lv3を活用して達人芸で運用することが多いです。

他に「高攻撃力」かつ「氷属性」のランスといえば、ゴシャハギの「ゴシャ!ギガゴドシュ!」があります。

ゴシャ!ギガゴドシュ!
武器名好き。

ただ、「ゴシャ!ギガゴドシュ!」は会心率が-15%と低めなのが難点ですね。

そのため、高い攻撃力を活かしたい場合は、武器の傀異錬成やスキルなどでマイナス会心-15%を相殺した上で運用したいところです。

テク
テク

このあたりは読者さんの好みで!


ここまでのまとめ!

■物理攻撃がよく効くが、属性攻撃は効きにくいモンスターを狩る場合

攻撃力を最優先、次点で斬れ味会心率を優先、最後に属性

パターン2:物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスターを狩る場合

フルフルの肉質表
フルフルは全体的に軟らかく、火属性が通りやすい。

ここでは、パターン2物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスターを狩る場合のランスの選び方を解説します。

ここでも「物理攻撃が効きやすい」「属性攻撃が効きやすい」の定義をしておきますね。

物理攻撃が効きやすい
肉質40以上の部位が存在し、なおかつ該当部位をメインで狙いやすいこと

属性攻撃が効きやすい
メインで狙うことになる部位属性肉質20以上であること

このパターンの場合、ランスを選ぶ際の指標は下記の通りです。

攻撃力を最優先、次点で斬れ味会心率を優先、最後に属性

・・あれ?パターン1の時と同じじゃね?」と言われそうですが、そうなんです。

基本的にはパターン1と同様の選び方で大丈夫です。

パターン1と違うところと言えば、最後の「属性」の部分ですね。

パターン2は「物理攻撃も属性攻撃も効きやすいモンスター」が対象となります。

そのため、「攻撃力」と「属性値」が高めなランスを選ぶのが良いです。

テク
テク

攻撃力の高さ、斬れ味の良さ、属性値の高さがカギとなります。

「物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスター」の一例を挙げると、下記モンスターたちです。

  • ロアルドロス
  • ダイミョウザザミ
  • フルフル
  • ヨツミワドウ
  • プケプケ

などなど、他多数

テク
テク

リオレイアやリオレウスもこのパターンに分類されます。

サンブレイクに登場するモンスターは、「物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスターが多いため、武器選びの幅も広いです。

フルフルを例にしてみる。対フルフルで筆者おすすめのランスは「暁光の突槍シルファレン」

本項目では、「物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスター」の一例として「フルフル」で解説します。

ランスでフルフルを狩る際、メインで狙うことになる部位は「」と「」です。

テク
テク

不意の咆哮には気をつけて!

フルフルの肉質表

フルフルの頭の物理肉質は「75」と非常に軟らかい上、火属性も「30」とかなり通りやすい属性肉質です。

胴も物理肉質が「45」と弱点特効が適用される肉質であり、火属性も「25」と、これまた弱点特効【属性】が適用される属性肉質となっています。

以上のことから、攻撃力と火属性値の高いランスで攻撃すれば、かなりのダメージが期待できます。

そんな対フルフルで、筆者おすすめの火属性ランスは「暁光の突槍シルファレン」です。

暁光の突槍シルファレン
テク
テク

アケノシルムのランス!

攻撃力330火属性57、そして何かと嬉しいスロットLv3と百竜スロットLv3付き

斬れ味に関しては、匠で現れる紫ゲージこそ非常に短いですが、素で長い白ゲージがあるのが魅力的。

テク
テク

継戦能力も高いほうです。

作成難易度も(最終強化に傀異化モンスター素材が必要になるとはいえ)低めな部類なので、火属性ランスとしてはぜひとも作っておいてほしいランスです。

また、もう一本のおすすめの火属性ランスとして、エスピナス亜種素材の「カクトスベギールデ」も挙げられます。▼

カクトスベギールデのステータス

こちらはシルファレンより攻撃力が若干低くなりますが、紫ゲージの長さやスロットの拡張性で言えば、カクトスベギールデが優れています。

テク
テク

おまけに毒属性付きですからね。

【関連記事】
【サンブレイク】Ver12.0.0の追加ランス2種は火属性!エスピナス亜種ランスは固有の属性ギミックも。


ここまでのまとめ!

■物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスターを狩る場合

攻撃力を最優先、次点で斬れ味会心率を優先、最後に属性

※ただし、属性値はなるべく高めのものを選ぶ

パターン3:物理攻撃が効きにくいが、属性攻撃は効きやすいモンスターを狩る場合

バサルモス
バサルモスは「MHR(SB)」における肉質が硬いモンスター代表格(と筆者は思っている)

ここでは、パターン3の「物理攻撃が効きにくいが、属性攻撃は効きやすいモンスターを狩る場合」のランスの選び方を解説していきます。

ここでも「物理攻撃が効きにくい」「属性攻撃が効きやすい」の定義をしておきますね。

物理攻撃が効きにくい
肉質30以下の部位がほとんどで、なおかつ該当部位をメインで狙うことになりやすいこと

属性攻撃が効きやすい
メインで狙うことになる部位属性肉質15以上であること

このパターンの場合、ランスを選ぶ際の指標は下記になります。

斬れ味を最優先、次点で属性、最後に攻撃力会心率

斬れ味を最優先にする理由は、肉質が硬い部位を攻撃した際に弾かれにくくするためです。

隙を見つけて攻撃したはいいものの、「ゴンッ」と弾かれて、逆に隙を突かれて攻撃を喰らう・・

なんて事態は極力避けたいですからね。

ライズおよびサンブレイクにおける「物理攻撃が効きにくいが、属性攻撃は効きやすいモンスター」としては、「バサルモス」が代表的です。

テク
テク

というかバサル以外思い浮かばない・・

バサルモスを例にしてみる。対バサルで筆者おすすめのランスは「串刺のプファール」

ここでは、肉質が硬いモンスター代表の「バサルモス」で龍属性ランス「串刺のプファール」をおすすめする理由を解説します。

ランスでバサルモスを狩る際、メインで狙う部位は「」になります。

テク
テク

腹を部位破壊するまでがやや大変。

バサルモスの肉質表
火属性がある程度通るのはちょっと意外。

バサルモスは、なんとすべての部位において切断属性の物理肉質が30未満ばかりです。(通常状態時)

なお、ハンターノート上の肉質表記は基本的に「通常時」のものなので、バサルモスの「赤熱状態」や「部位破壊後」の肉質は明記されていません。

状態変化時の正確な肉質などは、サンブレイクの公式ガイドブックで確認できます。
※収録内容はVer11まで

腹破壊後の腹の物理肉質は「62」とかなり軟らかくなるため、ランスの場合は腹を集中的に攻めるのがメインとなります。

テク
テク

バサルモス通常時の肉質は本当にカッチカチ。

バサルモスの弱点属性は「龍属性」であり、腹の龍属性肉質は

  • 破壊前かつ通常状態で「15
  • 破壊前かつ赤熱状態で「20
  • 破壊後は通常・赤熱状態ともに「20

となっています。

テク
テク

バサルモスの腹破壊にかかる時間は、属性による攻撃があるかないかによって大きく変わると思います・・!

そんなバサルモス戦で活躍するのが、龍属性ランス「串刺のプファール」です。

串刺のプファール
サンブレイクのメインモンスター、メル・ゼナ素材のランス。

攻撃力330龍属性値41素で紫ゲージを備えるなど、メインモンスターである「メル・ゼナ」の素材から作られるだけあって、龍属性ランスとしての性能は高水準です。

テク
テク

スロットLv4があるのも嬉しいところ!

串刺のプファールは匠を付けなくても紫ゲージが長めであるため、その分のスキルを他の火力スキルや生存スキルに回せます。

もちろん、剛刃研磨などの斬れ味補強系スキルを付ければ、さらに継戦能力は高まるでしょう。

テク
テク

肉質が硬いバサルモスを相手取る時、紫ゲージが長いのは心強いです。

また、斬れ味は白ゲージになりますが「赫絶の尖翼スパルカ」もおすすめです。

赫絶の尖翼スパルカ
幅広く使える龍属性ランス。

赫絶の尖翼スパルカは「奇しき赫耀のバルファルク」の素材を使ったランスで、

  • 長い白ゲージ
  • 高めの攻撃力
  • 高めの属性値

が特徴的ですね。

テク
テク

これだけの白ゲージの長さがあれば、一度も研がずにバサルモスを討伐することも夢じゃない。

スパルカは斬れ味補強系のスキルを必要としないため、「とにかく火力を盛りたい!」という方にもおすすめできます。


ここまでのまとめ!

■物理攻撃が効きにくいが、属性攻撃は効きやすいモンスターを狩る場合

斬れ味を最優先、次点で属性、最後に攻撃力会心率

まとめ

レグルス=ダオラ
筆者愛用のランス、レグルス=ダオラ

さて、まとめです。

今回は

自分のランスの選び方を3パターンで解説!
モンスターの弱点属性&自身のプレイスタイルに合わせよう

というテーマで、

  • 物理攻撃がよく効くが、属性攻撃は効きにくいモンスター
  • 物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスター
  • 物理攻撃が効きにくいが、属性攻撃は効きやすいモンスター

3パターンについて、筆者流のランスの選び方を紹介・解説しました。

この記事の結論

物理攻撃がよく効くが、属性攻撃は効きにくいモンスター
攻撃力を最優先、次点で斬れ味会心率を優先。最後に属性

物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスター
攻撃力、次点で斬れ味会心率、最後に属性

物理攻撃が効きにくいが、属性攻撃は効きやすいモンスター
斬れ味を最優先、次点で属性、最後に攻撃力会心率

・サンブレイクのモンスターは「物理攻撃、属性攻撃ともに効きやすいモンスター」がとにかく多い

テク
テク

武器選びに迷ったら「攻撃しやすい部位の肉質」に注目してみよう!

上記記載の内容は大まかな指標です。

これらを参考にしていただくのはもちろん嬉しいですし、読者さんなりの解釈でアレンジを加えて選ぶのも全然アリです。

テク
テク

いかに自分が快適に狩れるか」が大事!

なお、本記事では無属性ランスについての運用方法は説明していませんが、もし無属性ランスを使いたい場合は、スキル「粉塵纏」と併せて使うのがおすすめです。

というのも、粉塵纏による青爆発の攻撃力は、武器の表示攻撃力に依存するためです。

無属性ランスは属性ランスよりも攻撃力が高く設定されている場合が多いため、粉塵纏との相性もよくなります。

【関連記事】
【サンブレイク】粉塵纏の効果が強力すぎる・・!Ver13で筆者愛用のレグルス=ダオラ用の汎用装備を紹介【ランス】


○○のおすすめ紹介!とかは他所でも結構見かけますが、こういった「武器の選び方」を解説するものはなかなか無い気がします。

本記事がランス初心者さんの参考になれば何よりです。

「よかった」「参考になった」と思ってもらえたら、ぜひ記事のシェアや筆者のTwitterのフォローをしていただけるととても嬉しいです。

テク
テク

今後の記事更新の励みになります!

当ブログではこんな感じで、モンハンのランスにまつわる情報を随時発信中です。

ご興味があれば、記事下の「関連記事」などから、他の記事も読んでみてくださいね。

【関連記事】
【サンブレイク】全ランスを最終強化したランサーが、独断と偏見で各属性別のおすすめランスを紹介!【匠あり運用&匠なし運用】

【サンブレイク】初心者でもすぐできる!モンスターのダウン中に効率よくダメージを稼げるランスのコンボ2選【マルチでも使える】

【サンブレイク】ランスに最低限つけたい5つのおすすめスキルを紹介!【ランス歴10年のランサーが解説】

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

ではまた、次回の記事でお会いしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
テク

MH歴12年のランサー。26歳。
X(Twitter)フォロワー1.2万人。
4G、IB、SBではランス回数カンスト済み。
ワイルズはSteam版を購入予定。

当サイト「テクに狩る」は、管理人テクの「ランス好き」が高じて出来たもの。

モンハンを10年以上ランス一筋でプレイしてきた経験を活かして「ランスの楽しさ・魅力・知識」などをわかりやすく発信しています。

管理人の生態詳細はこちら

愛用中のデバイス一覧をギアティクスにて公開中。

ランス(Sunbreak)
\ぜひシェアをお願いします/

コメント

タイトルとURLをコピーしました