【モンハンライズ】今さら聞けない?ガード性能とガード強化の違いを”超基礎”からやさしく解説!

アイキャッチ画像スキル
この記事は約17分で読めます。
スポンサーリンク

※この記事は2021年10月19日に更新されました。

こんな人に読んでもらいたい

・これからランスを使おうと思っている方
・ガード性能とガード強化の違いを知りたい方
・ガード性能のLvはいくらがおすすめなのか知りたい方

こんばんは。テク(@Tech_Lancer)です。

ランサーとしては既にご存知の方が多いと思いますが、ランスにあまり触れたことがない人にとっては

ガード性能ガード強化ってあるけど、どっちもつけないといけないの?

・ガード性能とガード強化の違いって何?

どっちを優先させたらいいの?

・ガード性能のLvはいくらがいいの?

と思っている方も多いかと思います。


そこで今回は、



 「ガード性能」と「ガード強化」の違い
 ガード性能の役割
 ガード強化の役割
 両方発動させるべきか?



大きく分けてこれら4つについて、ランサー歴9年の筆者が”超基礎からやさしく“書いていこうかなと思います。

ランスがはじめて!という方は

「ランス自体が初めてだよ〜」という方はこちらの記事もご覧ください。
【モンハンライズ】ランスを0から学びたいアナタへ!超基礎をまるごと解説【超初心者も安心】

ガード性能とガード強化の違い

ガード性能:ガード時ののけぞりを軽減できる

ガード強化:このスキル無しではガードできなかった攻撃が、ガードできるようになる


それではいってみましょう〜!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ガード性能」と「ガード強化」の違いって?

この項目では、そもそも

ガード性能とガード強化とはどんなスキルなのか

について簡単に説明させていただきます。


まず結論から書くと

・ガード性能:ガード時の「のけぞり」を軽減するスキル
・ガード強化:ガードできなかった攻撃がガードできるようになるスキル

上記のようになります。

以下より、もっと具体的に掘り下げながら解説しますね。

ガード性能のスキル概要

「ガード性能」というスキルはざっくり言うと

ガード時の「のけぞり」を軽減するスキル

なんですね。

ガード時の「のけぞり」とは何かというと

攻撃をガードした時に後退するモーション

のことです。ランサー間では「ノックバック」とも。

▼のけぞり例



こんな経験、ありませんか?

ランスって”全武器中トップクラスのガード性能を誇る”って言われてるけど、ガードしたらめっちゃ削られるし、のけぞって思うように動けない・・



この「のけぞり」を軽減する役割を担っているのがガード性能スキルなのです。


ガード性能スキル無しの状態でランスを使っていると、モンスターの攻撃をガードした際に大きく後退してしまうことが多々あるでしょう。


このガード性能スキルがあるかないかで、立ち回りの快適さがだいぶ変わります

つまり、ランスの火力向上に繋がるスキルとも言えます。


ガード性能の特徴を要約すると・・

ガード性能は、攻撃をガードした時の後退(のけぞり)を軽減するスキルで、「カウンター突き」や「ガードダッシュ」にも影響する。

そのため、ランスを使う際はなるべく発動させておきたいスキルです。

ガード強化のスキル概要

続いては、「ガード強化」についてです。

ガード強化のスキル概要を大雑把に言うと

通常ではガードできない攻撃が、ガード強化をつけることによってガード可能になる

というものです。

もっと分かりやすく言うと、

このスキル(ガード強化)をつけることによって、ガードできる攻撃の幅が増えるよ!」というものです。


ただし

ガード強化を発動させたからといって全ての攻撃をガードできるわけではありません

ごく一部の攻撃は、ガード強化があっても防げないものがあります


ガード強化が無いと防げない攻撃

ガード強化があってもガードできない攻撃については、下記記事にて詳しく解説しておりますのでそちらをご覧ください。

【モンハンライズ】ガード強化でガードできるようになる攻撃&できない攻撃まとめ【保存版】



ライズ以前の作品では、ガード強化はスキル説明文にもあるように

通常はガードできない攻撃も、ガードできるようになる

という効果のみだったのですが、

ライズからはレベルによってガード時の削りダメージを軽減する効果が加わりました。

これについては、「ガード強化の役割」にて詳しく解説いたします。

ガード強化の特徴を要約すると・・

・ガード強化は、通常ではガードできなかった(本スキルなしでは防げなかった)攻撃がガードできるようになるスキル。

・スキルの重要度はガード性能と比較してそこまで高いわけではなく、相手によって使い分けることが大事。

・ガード強化が必要になる攻撃についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
【モンハンライズ】ガード強化でガードできるようになる攻撃&できない攻撃まとめ

ガード性能の役割は「ガード時ののけぞりを軽減させること」

ガード性能の大雑把な役割は先ほどお伝えした通り、

ガード時ののけぞり(後退モーション)を軽減させること

でした。

以下より、この「のけぞり軽減効果」や「のけぞりの種類」などについて詳しく解説いたします。

また、ガード性能をつけることによって得られるメリットについても書いております。

ガード性能スキルをつけることで得られるメリット

ガード性能をつけることによって得られるメリット

ガード時ののけぞりを軽減することによって次への攻撃動作へ移りやすくなり、結果的に手数が増えて火力UPに繋がる

ということだと筆者は考えています。

まずは以下にて、のけぞり(後退)モーションについて詳しく見ていきます。

のけぞり(後退モーション)は3種類

後退モーションには大きく分けて3種類あり、具体的には下記の通りです。

・後退なし
・後退【中】
・後退【大】


後退モーションがどのようにして決まるのかは、下記記事で詳しく解説しています。


【モンハンライズ】ガード性能で軽減できる「威力値」の仕組みを解説【早見表付き】

後退【なし】

後退なし」は文字通り、ガード時に後退することなく&削りダメージを受けることなく攻撃を受け止めることができその分反撃もしやすくなります。

後退【中】

後退【中】」はガード時に若干後退し、少しの削りダメージを受けます

この場合、反撃は少々しづらくなります。

後退(中)のモーション参考

ちなみにこの後退【中】が発生した際、Bボタン」を押すことでパワーガードを発動させることができるので、そこから「上段突き」や「飛び込み突き」、「突進」などに派生させることも可能です。

あわせて読みたい

パワーガードの派生についてはこちらの記事にて詳しく解説しています。
【モンハンライズ】ランスのパワーガードの特徴やメリット&デメリットを徹底解説!

後退【大】

後退【大】」はガード時に大きく後退し、やや大きめの削りダメージを受ける傾向があります

後退(大)のモーション参考

ちなみに後退【大】の場合でも、後退モーションが終わりかけの時に「Bボタン」を押すことでパワーガードを発動させることができます。

※パワーガード発動後の派生コマンドについても同様

CHECK!

ただし、後退【大】によってガード時にスタミナが大きく削られるので、パワーガードのスタミナ継続消費とあわさってスタミナ切れになりやすい点はご注意!

これらの後退モーションのランクを下げられる

上記で紹介した「のけぞり(後退)」モーションですが、ガード性能スキルはこれらののけぞりをワンランク下げることができます。

例えばこんな感じ!

・後退【】から【】に
・後退【】から【なし】に

アオアシラを例にしてみます。(後退【中】から【なし】に)

ガード性能なしで「引っ掻きハグ」をガードした場合


ガード性能Lv1で「引っ掻きハグ」をガードした場合

ご覧のように、後退【中】から後退【なし】なっているのがお分かりいただけたかと思います。



次の項目では、ガード性能の「のけぞりの軽減効果が現れるスキルレベル」について詳しく解説していきます。

のけぞり軽減効果が現れるスキルレベルは「1」「3」「5」

ガード性能スキルはLv5まであり、ゲーム内でのスキル詳細は下記のようになっています。

これを見ると、一見

レベルが上がるごとにのけぞり軽減効果が出るの?

と思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし実際は、のけぞり軽減効果が現れるレベルは下記の3段階となっています。

・Lv1
・Lv3
・Lv5

これを踏まえて、スキル説明文を改めて見てみましょう

赤線を引いているところをよく見てもらうとお分かりいただけるかと思いますが、

Lv12は「わずかに軽減」、Lv34では「軽減」、そしてLv5では「大きく軽減」と表記されています。


つまり、「のけぞり軽減効果が上がる」のは奇数レベルの時です。


逆に偶数レベルの時は「スタミナ消費量が軽減される量が増えている」のですね。

ガード性能Lv5でも後退【中】、【大】になる攻撃は存在する

ガード性能Lv5では「攻撃の威力を大きく軽減」と表記されているので

Lv5まで上げたら、全部の攻撃をのけぞり無しでガードできるようになるの?

と思いがちですが、Lv5でも後退【中】及び【大】が発生する攻撃は少なからずあるため、過信は禁物です。



ここだけ覚えておけば大丈夫!

・ガード性能の「のけぞり軽減効果」が上がるレベルは「1」「3」「5」!
・「Lv2」ののけぞり軽減効果は「Lv1」と同様
・「Lv4」ののけぞり軽減効果は「Lv3」と同様
・ガード性能Lv5でも後退【中】【大】が発生する攻撃は存在する

ガード性能のLvはいくらあれば良い?→筆者的には「3」がおすすめ

ガード性能について一通り説明したところで、

結局ガード性能ってLvいくつがいいの?

と思っている方もいらっしゃると思うので、ここで筆者のおすすめとその理由を書いておきますね。

おすすめのガード性能Lvはこれ!

筆者的にはガード性能Lv3がおすすめ。

理由
・大体のモンスターはガード性能Lv3で不自由なく立ち回れる。
他スキルのつけやすさも考慮した上で、ガード時ののけぞり軽減効果もある程度受けられるのがこの「Lv3」。

もちろん、Lv3よりLv5の方が快適ではあります。

しかし、ライズの現環境ではガード性能Lv5をつけた上で他の火力スキル(匠や攻撃、弱点特効など)を詰め込もうとすると装備の幅が非常に限られるため、よほど良い護石を持っていないと組めない可能性があります。


だから筆者は、

・ある程度他のスキルがつけやすい
・のけぞり軽減効果もある程度受けられる
・装備もそこまで縛られない

といったことから「Lv3」を選んだんですね。


とはいえ、ガード性能がなくても快適に立ち回れる相手もいるにはいるので、

そういったモンスターを相手取る場合は他の火力スキルを発動させた方が良いこともあります。


各モンスターに対するガード性能の推奨レベルをサクッと見たい方は、下記記事をご覧ください。


【モンハンライズ】各モンスター毎に推奨したいガード性能とガード強化のレベル早見表を作った。

G級が追加されたら変わるかも?

ワールド→アイスボーンのように、ライズにもG級が追加された場合は装備の性能も底上げされることが予想されるため、ガード性能Lv5も発動させやすくなりそうです。
※あくまで筆者の妄想です。


ガード性能について一通りの説明を終えたところで、次の項目からはガード強化について詳しく解説していきます。

ガード強化の役割は「ガードできなかった攻撃をガードできるようにすること」

ガード強化のスキル概要」にて、ガード強化についての主な特徴は説明させていただきましたが、こちらでは

・ガード強化をつけることで得られる真のメリット
・レベルによるダメージ軽減量

などについてより詳しく解説していきます。

ガード強化をつけることで得られる”真のメリット”

ガード強化をつけることによって得られる真のメリットは、「ガード可能になる攻撃が増える」ことにより、

モンスターから離脱することなく攻撃を続けられること

であると筆者は思っています。

例えばバサルモスの場合、「火炎」や「」といったガス攻撃を頻繁に繰り出してきますよね

ガード強化が無い場合だと・・・

このように、ガード強化が無い場合は「一旦モンスターから離れ、相手の攻撃が収まってからまた接近して攻撃を再開する」ことになります。

これではこちらの立ち回りのリズムを狂わされてしまい、ストレスとなってしまうことも。


ガード強化がある場合はこうなる!

ご覧の通り、ガード強化がある場合は「モンスターから離れることなく、攻撃を続けられる」のです!

これなら、
こちらの立ち回りのリズムを崩すことなく
モンスターを攻撃し続けられるので快適!

レベルごとのダメージ軽減について

具体的には

・Lv1でダメージ軽減30%
・Lv2でダメージ軽減50%
・Lv3でダメージ軽減80%

というようになっています。

従来シリーズではどうだったの?

過去シリーズ(アイスボーンやダブルクロス以前)の「ガード強化」は、Lv1を発動させるだけで、ライズでいうガード強化Lv3の効果を内包していました。

ライズの場合は、ガード強化Lv1の時点で

通常ではガードできない攻撃も、ガード可能になる

という効果に変わりはないのですが、

Lv1の段階では、ガード時の削りダメージが多くなりがちで危険

なのです。

ラージャンの気光ビームブレスをガード強化Lv「1」と「3」で受けてみる

まずはガード強化Lv1でラージャンの気光ビームブレスを受けた時のダメージ量がこちら。

体力MAXからです。


続いてはガード強化Lv3で気光ビームブレスを受けた場合。

体力MAXかつ同じ防御力

こんなに差が出るわけです。

ある程度防御力が高い状態で撮影していたので、ガード強化Lv1の段階でも致命傷は逃れましたが、集会所上位攻略中などの場合はお察しです・・


ここまで聞いて、

ガード強化を発動させることでガード可能になる攻撃って、ガード性能スキルの影響って受けるの?

と思った方もいらっしゃるかもしれないので、こちらについて次の項目でちょっとだけ触れておきますね。

ガード強化によってガード可能になる攻撃ののけぞりは、ガード性能の影響を受ける

はい、ガード強化をつけることによってガード可能になる攻撃ののけぞりは、ガード性能スキルの影響を受けます。


例えば・・

・ガード性能なし
・ガード強化Lv3

ラージャンの気光ビームブレスをガードした時には後退【大】が発生します。▼


続いては

・ガード性能Lv5
・ガード強化Lv3

でラージャンの気光ビームブレスをガードした場合。

後退は【なし】です。▼


両方発動させないといけない?

続いては、ガード性能とガード強化を両方発動させる必要はあるのか?についてです。

結論から言うと、

相手によって変わる。
ガード強化よりガード性能を優先してつけたい。

です。


ガード性能の有無によって立ち回りの快適性が変わるのは冒頭の方でもお伝えした通りです。

ラージャンやバサルモス、ドスフロギィといった「ガード強化があると狩りが楽になりやすいモンスター」を相手取る場合はガード強化をつけていきましょう

2021年5月31日更新

「ガード強化」によってガードできる攻撃、できない攻撃についてまとめた記事はこちらにて。
【モンハンライズ】ガード強化でガードできるようになる攻撃&できない攻撃まとめ

まとめ

さて、まとめです。

今回は「ガード性能とガード強化の違い」について”超基礎”からやさしく解説するというコンセプトで記事を書かせていただきました。


これらのスキルの特徴は以下の通りです。

ガード性能とガード強化の違い

・ガード性能:ガード時ののけぞり(後退モーション)を軽減するスキル
・ガード強化:通常ではガードできなかった攻撃をガードできるようにするスキル




ガード性能」の説明では、

このスキルの有無で立ち回りが格段にラクになることや、それに付随して手数が増えるということで

ランスを担ぐ際は是非ともつけていきたいスキルと言うことをお話ししました。



ガード性能スキルにはレベルが5段階あり、「のけぞり軽減効果」が上がるレベル

・Lv1
・Lv3
・Lv5

奇数レベルであり、

2」や「4」といった偶数レベルはスタミナ消費軽減量が上がるということもお話ししました。


そして、ガード性能のおすすめのレベルは「3」ですね。

理由は

・ある程度他のスキルがつけやすい
・のけぞり軽減効果もある程度受けられる
・装備もそこまで縛られない

ということでした。



ガード強化」は

このスキルなしでは防げなかった攻撃がガードできるようになるスキルで、”真のメリット”としてガード可能になる攻撃が増えることにより、

モンスターから離脱することなく攻撃を続けられること

ということをお話ししました。

こちらの攻撃リズムを崩さず、モンスターを攻撃し続けられるのは楽しいですからね。

また、「ガード強化によってガード可能になる攻撃は、ガード性能スキルの影響を受ける」ということもあわせて解説させていただきました。



最後は「ガード性能とガード強化は必ずしも両方とも発動させなくて良い」と言うことをお伝えしました。

ガード強化が無くても大丈夫なモンスターも多いため、思考停止でガード強化をつけるのは勿体無いからです。

要は相手によってスキルを調整するのが大事なんですね。

ガード強化が必要な攻撃については、下記記事にまとめていますのでついでにどうぞ。

【モンハンライズ】ガード強化でガードできるようになる攻撃&できない攻撃まとめ【保存版】



今回の記事は非常に長くなりましたが、完全に初心者の方でも分かりやすいように書いたつもりですが、もし不明点などありましたらお気軽にコメントなど頂ければと思います。

また、筆者のTwitterのフォローや記事のシェアなども大歓迎です。


本記事を読んで、「ランス装備を組みたくなった!」といった方がいらっしゃったら、こちらの記事を参考に組んでみてください。

2021年5月12日に追記

非常にありがたいことに、本記事が「ゲーマーのための情報サイト」として運営されているブログ「eスポ」様にてご紹介していただけました。

詳細はこちらからどうぞ!
ゲームブログ”テクに狩る”を紹介!オススメの記事やブログ主にも注目!



本記事は以上となります。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

良き狩猟生活をお過ごしください。

ではまた!

スポンサーリンク
スキル
スポンサーリンク
\良かった・役に立ったと思ったらぜひシェアをお願いします/
テクをフォローする
テクに狩る

コメント

タイトルとURLをコピーしました