【モンハンライズ】ガード強化でガードできるようになる攻撃&できない攻撃まとめ【保存版】

アイキャッチ画像スキル
この記事は約13分で読めます。
スポンサーリンク
こんなハンターさんに読んでもらいたい

・ランス
・ガンランス
・チャージアックス
・ヘビィボウガン

これらいずれかの武器種を使っている人。

※この記事は2021年8月28日に更新されました。

こんばんは。テク(@Tech_Lancer)です。

モンハンのガード系スキルといえば

・ガード性能

・ガード強化

2種類があり、

それぞれのスキルで役割が違うことは以前の記事にて解説いたしました。

あわせて読みたい

ガード性能とガード強化の違いやスキルの詳細についての説明は、こちらの記事をご覧ください。
【モンハンライズ】今さら聞けない?ガード性能とガード強化の違いを”超基礎”からやさしく解説!


ガード強化のスキル詳細については上記の記事にて書きましたが、

・どの攻撃がガードできて、どの攻撃がガードできないのか

については詳しく解説していなかったので、

本記事ではそれらについてまとめています。


この記事を読むと分かること

・ガード強化によってガードできるようになる攻撃

・ガード強化があってもガードできない攻撃

まず結論から書くと、下記のようになっています。

ガード強化によってガード可能になる攻撃

■ドスフロギィ
・毒霧全般

■ヨツミワドウ
・腹膨張時の拘束攻撃
・大岩投げ
・腹膨張時のボディプレス

■フルフル
・3方向へ分散する電撃ブレス

■バサルモス
・火炎・毒・睡眠ガス
・熱線ブレス

■イソネミクニ
・睡眠ブレス(睡眠系全般)
・爆破貝殻攻撃

■ヤツカダキ
・糸攻撃
・火ブレス
・一部の火炎放出攻撃

■ラージャン
・気光ビーム

■イブシマキヒコ
・尻尾叩きつけ

■ナルハタタヒメ
・尻尾叩きつけ
・紫電攻撃全般

■テオ・テスカトル
・スーパーノヴァ

■百竜ノ淵源ナルハタタヒメ
・尻尾叩きつけ
・紫電攻撃全般

■ヌシ・ディアブロス
・怒り状態移行時の咆哮

ガード強化をつけてもガードできない攻撃

■ナルハタタヒメ
・必殺技

■奇しき赫耀のバルファルク
・彗星襲撃

■百竜ノ淵源ナルハタタヒメ
・必殺技
・撃龍槍ぐるぐる


これらの攻撃について、

以下より詳しく見ていきます。

筆者が勝手に命名した
技名とかもあるので、
どれがどの攻撃なのか一目で分かるように、
動画(GIF)付きで解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガード強化をつけることによってガード可能になる攻撃

まずはガード強化をつけることでガード可能になる攻撃の紹介からしていきます。

CHECK!

それぞれ攻撃頻度削りダメージ量がさまざまなので、
ガード強化の重要度ガード強化の推奨Lvもあわせて記載しております。
(重要度の最大は★★★)
※重要度や推奨Lvは、全て筆者の主観で書いています。

ドスフロギィ:毒霧全般

ガード強化の重要度:★☆☆
推奨Lv1

従来のシリーズであればドスフロギィの毒霧は普通にガード可能でしたが、ライズではなぜかガード強化が必要になったこの攻撃。

ドスフロギィは

・毒霧を頻繁に繰り出してくる

・ガード時の削りはほとんど無い

・「毒耐性」で代用することも可能

ということから、重要度は★1推奨Lvは1としました。

ヨツミワドウ:拘束攻撃、大岩投げ、腹膨張時のボディプレス

ガード強化の重要度★☆☆
推奨Lv1

拘束攻撃

ガード強化が必要になる拘束攻撃は腹が膨らんでいる状態の時に繰り出してくるやつです。


大岩投げ ※2021年6月4日追記

大岩投げ

こちらの大岩投げも、ガード強化なしではガードすることが不可能です。


腹膨張時のボディープレス ※2021年7月1日追記

ガード強化なしの場合

ガード強化ありの場合

ヨツミワドウの攻撃でガード強化が必要な上記の3種類ですが、

・腹膨張時の拘束攻撃の頻度は少ない

・大岩投げは予備動作も長いので回避に余裕がある

・ボディプレスも予備動作が長く、バックステップなどで距離をとりやすい


以上のことから、推奨Lvは1重要度は★1としました。

フルフル:3方向へ分散する電撃ブレス

ガード強化の重要度★★☆
推奨Lv1

従来のシリーズでも、この3方向分散電撃ブレスはガード強化が必要でした。

ライズでもその仕様は健在なのです。


・攻撃頻度は多いが、側面に回り込めば当たらない

予備動作も長いので、安全な位置まで移動する時間も長め

・ガード時の削りダメージもそれほど多くはない

以上のことから、ガード強化の重要度は★2推奨Lvは1としました。

バサルモス:火炎・毒・睡眠ガス、熱線ブレス

ガード強化の重要度★★★
推奨Lv3

バサルモスはガード強化が必要な攻撃が多いので、まずは一通りの攻撃モーションをご紹介。


睡眠ガス放出


毒ガス放出


火炎ガス放出(単発もあり)


熱線ブレス

上記にも書きましたが、バサルモスは

・ガード強化が必要な攻撃が多い

・その攻撃技を繰り出す頻度も高い

・ガード時の削りも比較的多い

以上のことから、重要度は★3推奨Lvは3としました。

特にランサー、ガンランサーの方は必須級です。

イソネミクニ:睡眠ブレス、爆破貝殻攻撃

ガード強化の重要度★★☆
推奨Lv1

イソネミクニでガード強化が必要な攻撃は2種類です。


睡眠ブレス

睡眠ブレスはガード強化ではなく「睡眠耐性Lv3」で代用するのも手です。

ブレス自体にダメージはないので!

この他、
イソネミクニの繰り出す睡眠系攻撃
ガード強化が必要になります。


爆破貝殻攻撃

この爆破貝殻攻撃の頻度はそれほど多くありません

ただし、

予備動作は割と短めで攻撃範囲もそこそこある

・咄嗟に繰り出された場合は回避が間に合わないことも。

以上のことから、重要度は★2推奨Lvは1としました。

とはいえ、
イソネミクニに関しては
ぶっちゃけガード強化より「睡眠耐性Lv3」をつけていくほうが個人的にはおすすめです。

ヤツカダキ:糸攻撃、火ブレス、一部の火炎放出攻撃

ガード強化の重要度★★★
推奨Lv3

火ブレス


火炎放出


糸攻撃


ヤツカダキは火ブレス一部の火炎放出、そして糸ブレス全般がガード強化でガード可能になる攻撃となっています。

「一部」の火炎放出と書いたワケ

ヤツカダキの火炎放出はいくつかバリエーションがありますが、
ガード強化が必要になるのは、上記GIFのようにカメラアングルが引いてから全方向に火を噴射するパターンのみです。

火を側面に噴射しながら移動するパターン等はガード強化が無くてもガード可能です。

これらの攻撃は、

・攻撃頻度が多い

・火ブレス、火炎放出はガード時の削りも結構ある

ということから、重要度は★3推奨Lvは3としました。

ラージャン:気光ビーム

ガード強化の重要度★★☆
推奨Lv3

ラージャンの気光ビームは、シリーズお馴染みでガード強化が必要になります。

余談

「アイスボーン」では拘束攻撃のガードにガード強化が必要でしたが、
ライズのラージャンはガード強化なし拘束攻撃をガードすることができます。


気光ビームは

・ガード時の削りが多い

・攻撃頻度はそこそこ多い

ということから、重要度は★2推奨Lvは3としました。

イベクエ「SF・サイキョー流昇段試験」のラージャンの場合

イベントクエスト「SF・サイキョー流昇段試験」の初期エリア5に居るラージャンは攻撃力がとんでもなく上がっています

それに伴い、気光ビームの攻撃力直撃したら即死確定級の威力となっているため、ガード強化を発動させるのであればLv3を積んでおくことを強く推奨します

イブシマキヒコ:尻尾叩きつけ

ガード強化の重要度★☆☆
推奨Lv3

イブシマキヒコの攻撃でガード強化が必要な技は「尻尾叩きつけ」のみです。

※百竜夜行で登場する個体も同様


この尻尾叩きつけ攻撃は

・攻撃頻度はそれほど多くない

・予備動作が比較的長い

・ガード時の削りは多い

・これ以外の攻撃でガード強化が必要な技は無い

ということから、重要度は★1推奨Lvは3としました。

ナルハタタヒメ:尻尾叩きつけ、紫電攻撃全般

ガード強化の重要度★★★
推奨Lv3

尻尾叩きつけ

尻尾叩きつけはイブシマキヒコと同様のモーションです。


紫電連撃

この紫電連撃、ガード性能Lv5&ガード強化Lv3をつけていてもご覧のようにかなり削られるため、全弾ガードは非常に危険です。

スタミナもごっそり削られるので、
全て耐えられたとしても
リカバリーに時間がかかりがちです。

ガード強化なしで受けてるため普通に当たってます

こちらの紫電ビーム紫電メリーゴーランドは、

ガード強化をつけることでガード可能になります。


紫電ビーム系は特に攻撃頻度が多く、ガード時の削りも多いため、

重要度は★3推奨Lvは3としました。

CHECK!

ナルハタタヒメの一部の攻撃は、ガード強化があってもガードできない攻撃があります。

これについては、後ほど「ガード強化をつけていてもガードできない攻撃」にて解説いたします。

テオ・テスカトル:スーパーノヴァ

ガード強化の重要度★★☆
推奨Lv3

爆破まとい状態を自ら解除する際に放つ大技スーパーノヴァ

こちらもシリーズおなじみで、ガードするためにはガード強化が必要になります。


スーパーノヴァは

・予備動作の時間は普通

・直に受けた際のダメージが大きい

・ガード時の削りも比較的多い

・これ以外でガード強化が必要になる攻撃はない

ということから、重要度は★2推奨Lvは3としました。

百竜ノ淵源ナルハタタヒメ:尻尾叩きつけ・紫電攻撃全般

ガード強化の重要度★★★
推奨Lv3

尻尾叩きつけ


紫電ビーム


通常のナルハタタヒメと同様に、

尻尾叩きつけ攻撃紫電攻撃をガードするにはガード強化が必要になります。

ガード強化の重要度が★3推奨Lv3である理由は通常個体とほぼ同様です。

CHECK!

百竜ノ淵源ナルハタタヒメも、一部攻撃ガード強化があってもガードができません。
これについても後ほど説明いたします。

ヌシ・ディアブロス:怒り状態移行時の咆哮

※2021年6月4日追記

ガード強化の重要度★☆☆
推奨Lv1

ガード強化なしの場合

ヌシ・ディアブロスが「怒り状態移行時」に放つ咆哮は、ガード強化がないとガードすることができません。

ガード強化ありの場合

この咆哮後に直接的な追撃があるわけではなく、

またこの咆哮以外にガード強化が必要な攻撃はないため

重要度は★1推奨Lvは1としました。

この咆哮については、
読者さんよりご指摘を頂いて検証を行った結果
判明したものです。

改めて情報提供ありがとうございました。

ガード強化をつけてもガードできない攻撃

続いては、ガード強化をつけてもガードができない攻撃について紹介します。

ナルハタタヒメ:必殺技

フィールドの中央に移動してからしばらく力を溜めて、

その後に繰り出す

極太紫電ビーム

大爆発を起こす球状のブレス

ガード不可です。

回避方法


これを回避するには、

・隆起した岩場に登る

・溜め中に大砲を連発して怯ませる

・モドリ玉を使う

という3択しかありません。


最悪、大砲による阻止に失敗した場合でも岩場に登っていれば回避できるので、

焦って岩場から移動せず、じっと待っていた方が賢明です。

こんな感じにね。

奇しき赫耀のバルファルク:彗星襲撃

Ver3.0.0にて追加された「奇しき赫耀のバルファルク」が繰り出す「彗星襲撃」。

これはガード強化があってもガード不可となっています。

こちらは通常ガードでやっていたので、

もしかしたら、ガード方向を間違えてめくられてしまったのではないか?

と思い、全方向ガードが可能なパワーガードで受けてみたところ・・

はい、普通に喰らいました。

やはりガード強化があってもガードはできないようです。

あわせて読みたい

ランスのパワーガードについてはこちらの記事にて詳しく解説しています。
【モンハンライズ】ランスのパワーガードの特徴やメリット&デメリットを徹底解説!


回避方法

彗星攻撃は緊急回避か、それが難しい場合は小タル爆弾の吹き飛びによる無敵時間を利用してやり過ごすという手もあります。

奇しき赫耀のバルファルクは
他にガード強化が必要な攻撃が無いので、
スキルにガード強化を積む必要はありません。

百竜ノ淵源ナルハタタヒメ:必殺技、撃龍槍ぐるぐる

百竜ノ淵源ナルハタタヒメは通常個体とはまた異なる必殺技を持っており

「アイスボーン」経験者であれば、

「ムフェト・ジーヴァ」の王の雫を彷彿とさせる技となっています。

やはりというか、この攻撃もガード強化があってもガードができず

回避するには隆起した岩に登っておく必要があります


全方向ガード可能なパワーガードで受けて検証

百竜ノ淵源ナルハタタヒメのみが繰り出してくるこの「撃龍槍ぐるぐる攻撃」もまた、

ガード強化があってもガードができません

回避方法

撃龍槍ぐるぐる攻撃にはいくつか回避方法がありますが、

個人的には

撃龍槍が出現したら、まず外周に避難する

中心の電撃ドームが爆発したのを確認してから懐に潜り込む

その後隆起する岩に乗り、速射砲で攻撃

という方法が安全かなと思います。

まとめ

さて、まとめです。

今回は

ガード強化でガードできるようになる攻撃&できない攻撃まとめ

というテーマで書かせていただきました。


ガード強化でガードできるようになる攻撃は以下のようになっています。

■ドスフロギィ
・毒霧全般

■ヨツミワドウ
・腹膨張時の拘束攻撃
・大岩投げ
・腹膨張時のボディプレス

■フルフル
・3方向へ分散する電撃ブレス

■バサルモス
・火炎・毒・睡眠ガス
・熱線ブレス

■イソネミクニ
・睡眠ブレス(睡眠系攻撃全般)
・爆破貝殻攻撃

■ヤツカダキ
・糸攻撃
・火ブレス
・一部の火炎放出攻撃

■ラージャン
・気光ビーム

■イブシマキヒコ
・尻尾叩きつけ

■ナルハタタヒメ
・尻尾叩きつけ
・紫電攻撃全般

■テオ・テスカトル
・スーパーノヴァ

■百竜ノ淵源ナルハタタヒメ
・尻尾叩きつけ
・紫電攻撃全般

■ヌシ・ディアブロス
・怒り状態移行時の咆哮

こうして見ると、ガード強化が必要な攻撃って案外多いんですよね。



対して、ガード強化があってもガードできない攻撃は下記の通りです。

■ナルハタタヒメ
・必殺技

■奇しき赫耀のバルファルク
・彗星襲撃

■百竜ノ淵源ナルハタタヒメ
・必殺技
・撃龍槍ぐるぐる

ガード強化があってもガードできない攻撃については、そもそも

回避に専念した方が良い場面

であるため、

納刀して緊急回避設備を使用して阻止ができるようにしておきたいところです。



本記事が「役に立った」「いいな」と思ったら、ぜひ記事のシェア筆者のTwitterのフォローなどしていただけると、今後の更新の励みになります。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ではまた!

スポンサーリンク
スキル
スポンサーリンク
\良かった・役に立ったと思ったらぜひシェアをお願いします/
テクをフォローする
テクに狩る

コメント

タイトルとURLをコピーしました