【モンハンライズ】現状作成可能なランスを全て最終強化したので主観含めてレビュー(Part2)

アイキャッチ画像ランス
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

※この記事は2021年5月1日に更新されました。

こんばんは。テク( @Tech_Lancer )です。


モンハンライズに登場するランスを1本1本紹介していくというコンセプトで書き始めたこのシリーズですが、前回投稿したPart1予想以上に反応が良かったので、Part2の執筆へのモチベーションも凄く高まりました。

Twitterで拡散、いいねなどの反応を下さった方、改めてありがとうございます!


さて、今回はPart2ということで、また6本のランスをゆるく紹介していきますね。

Part1をまだ見てないよ!って方は、この記事を読む前でも読み終えた後でもお時間があればぜひ読んでみて下さいね。物好きなこと言ってますが大目に見て頂けると幸いです(笑)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

氷鮫鋭銛

Part2のトップバッターを務めるのはこちら。

満を持して登場した、スクアギル素材のランス、氷鮫鋭銛です!

読み方としては「ヒョウコウエイセン」でしょうか。

化け鮫ザボアザギルの幼体である、スクアギルらしい武器名ですね。

スクアギル自体はMH4から存在していましたが、スクアギル素材のランス自体はライズが初登場となります。

盾のクッションっぽい見た目も、ザボアザギル素材のランスを彷彿とさせてくれます。


そして何より槍デザインのカッコ良さ!!

急成長したスクアギルの頭部をそのまま持ってきたような鋭い見た目が凄く良い。

撃龍槍に見えなくもない


前置きが長くなりましたが、性能の方を見ていきましょう。

攻撃力150、氷属性29、斬れ味は素でわずかな青、匠をつけてあげると更に伸びます。


小型モンスター素材の武器とはいえ、氷属性槍としては悪くない性能だと思います。

「氷鮫鋭銛」までの生産・強化ルート


■氷鮫銛Ⅰ
カムラノ鉄鎗Ⅱからの強化のみで生産可能
・鮫肌の鱗×3
・アイシスメタル×2
必要ゼニー:660z

■氷鮫銛Ⅱ
・上竜骨×1
・肉厚な皮×3
・氷結袋×3
カテゴリ強化素材
・小型モンスター素材8pts
必要ゼニー:3300z

■氷鮫鋭銛
・肉厚な上皮×4
・鋭利な牙×2
・グラシスメタル×2
必要ゼニー:8800z


氷鮫銛Ⅰは序盤で作れる貴重な氷属性ランス。
ランサーなら色々お世話になるであろうボロスやディアは氷属性も効くので、作っておいて損はない一本。


氷鮫鋭銛の百竜スキル

氷鮫鋭銛の百竜スキルは防御力強化Ⅲ、操竜の達人、弱点特効【属性】となっております。

防御力強化Ⅲが用意されているのは、本ランスの弾力性の高そうな盾デザインが由来かも?

高めな氷属性値を活かして弱点特効【属性】を選ぶのもありですね。

操竜の達人は・・・筆者は選んだことがないのでなんともいえないです(汗)


ランパート

続いてはこちら、ランサーならお馴染みのランパート

これぞランスって感じのデザインから、自分含め多くのランサーが好むランスだと思っております。

早速性能の方を見ていきましょう。

攻撃力190、属性はなし、スロットはLv1が一つ、斬れ味は素でわずかな青、そして匠で白ゲージが出現。

平均的な攻撃力相手を選ばない無属性痒いところに手が届くLv1スロット・・と、鉱石素材のランスらしいバランスの良さ。ダジャレじゃないですよ。

「ランパート」までの生産・強化ルート


■アイアンランスⅠ
素材を使って直接生産する場合
・鉄鉱石×3
必要ゼニー:300z

ゼニーのみで生産する場合:600z

■アイアンランスⅡ
・アイシスメタル×2
・鉄鉱石×4
必要ゼニー:600z

■ミレニアム
・ドラグライト鉱石×5
・紅蓮石×1
必要ゼニー:2000z

■パラディンランスⅠ
・怨虎竜の霊結晶×1
・モンスターの体液×3
カテゴリ強化素材
・鉱石素材20pts
必要ゼニー:3000z

■パラディンランスⅡ
・カブレライト鉱石×5
・グラシスメタル×3
カテゴリ強化素材
・鉱石上位素材14pts
必要ゼニー:8000z

■ランパート
・ノヴァクリスタル×1
・ユニオン鉱石×4
・竜玉×1
必要ゼニー:12000z


ランパート及びパラディンランスの前身、アイアンランスやミレニアムのデザインの話。
今作ではワールドのアイアンランスのデザインとなっています。
円盤状の盾、シンプルな槍デザインだった頃のアイアンランスも久々に見てみたいですね。


ランパートの百竜スキル

ランパートの百竜スキルは攻撃力強化Ⅲ、防御力強化Ⅲ、鉄蟲糸技強化となっております。

攻守共に優れているという設定のランパートらしい百竜スキルのチョイスですね。

どれを選んでも間違いはなさそうです。


バベルⅡ

続いてはこちら、バベルⅡです。

Ⅱってついてますがこれが最終強化です。

※2021年5月1日更新

第一弾 無料大型タイトルアップデートにて、バベルⅡの強化先が新たに登場しました。
詳しくはこちらから!

ランパートの金色verですね。

ランサーの中では、ランパートと同等かそれ以上の人気を誇るバベル。

ランパートもそうですが、このTHEランスな見た目が本当にカッコイイですよね。

そんなランスの代表格と言っても過言ではないバベルですが、その性能を見てみましょう。

攻撃力190、素で僅かな青ゲージ、匠で更に延長、防御力ボーナス15、そしてスロットLv3が一つ。

一つ前に紹介したランパートと性能は似ていますが、白ゲージが無い代わりに防御力ボーナススロットレベルの高さで差別化されています。

今作では鉄壁珠がスロットレベル2以上必要になったので、スロットレベルが高いことによる恩恵はかなり受けられると思います。


「バベルⅡ」までの生産・強化ルート


■バベルⅠ
素材を使って直接生産する場合
・カブレライト鉱石×7
・ドラグライト鉱石×5
・ライトクリスタル×3
・小金魚×5
必要ゼニー:12000z

パラディンランスⅡから強化して生産する場合
・カブレライト鉱石×5
・マカライト鉱石×5
・黄金色の泥土×2
必要ゼニー:8000

■バベルⅡ
・獄炎石×3
・ユニオン鉱石×3
・ノヴァクリスタル×2
・グラシスメタル×2
必要ゼニー:20000z

素材の都合上、バベルが作れるようになるのは上位序盤から。
デザインが好きだからとりあえず作っておいたというランサーの方もいるのでは無いでしょうか。


バベルⅡの百竜スキル

バベルⅡの百竜スキルは攻撃力強化Ⅲ、防御力強化Ⅱ、竜種特効となっております。

攻撃力強化Ⅲはランパートと同じですが、防御力強化はⅡになっています。

デフォルトで防御力ボーナスが15あるためでしょうか。

そして竜種特効。

こちらは鳥竜種飛竜種獣竜種海竜種魚竜種牙竜種であるモンスターに対してダメージが増加するというもの。

RPGとかにありがちなドラゴンスレイヤーみたいなスキルですね。

バベルⅡは無属性武器なので相手を選ばないため、竜種特効というロマンスキルで騎士っぽい狩りが楽しめるかも。


ヴェノムランスⅡ

続いてはこちら。

ライズにて再び復活を遂げたバサルモスのランス、ヴェノムランスⅡ。

※2021年5月1日更新

第一弾 無料大型タイトルアップデートにて、ヴェノムランスⅡの強化先が新たに登場しました。
詳しくはこちらから!


バサルモスが来るならグラビモスも来るだろう!」と思っていた筆者ですが、現状グラビモスはライズにいません。悲しみ。


・・と、前置きの嘆きはここまでにしておいて、早速性能の方を見ていきましょう。

攻撃力210、毒属性20、スロットLv1が一つ、会心率は-15%、斬れ味は素で長めの緑、匠で青が出現。

物理攻撃力と毒属性のバランスがイイですね。

「ヴェノムランスⅡ」までの生産・強化ルート


■ヴェノムランスⅠ
バベルⅠからの強化のみで生産可能
・岩竜の堅殻×3
・岩竜の翼×1
・ユニオン鉱石×2
・毒袋×2
必要ゼニー:15600z

■ヴェノムランスⅡ
・角竜の堅殻×3
・岩竜の堅胸殻×3
・岩竜の尻尾×1
必要ゼニー:39000z

これと言ったレア素材は要求されませんが、筆者的には岩竜の翼が若干つまずきました。
ヴェノムランスって、槍の方はなんとなく重火槍グラビモスと似ていますね。
さすがはグラビモスの幼体から出来たランス。


ヴェノムランスⅡの百竜スキル

ヴェノムランスⅡの百竜スキルは防御力強化Ⅲ、属性強化【毒】Ⅰ、鈍刃の一撃となっております。

いずれもバサルモスの特徴をイメージしてチョイスされた感じですね。

この3種だと、斬れ味毒属性値なども考慮すると、斬れ味がであることを活かして「鈍刃の一撃」を付けるのが良さげな感じがします。


暗夜槍【黒雨】

お次はこちら。

迅竜ナルガクルガのランス、暗夜槍【黒雨】です。

アイスボーンでもナルガクルガのランスはありましたが、デザインはこちらではなく新規のものでした。

しかし、再びこのデザインのナルガランスを使えることができて筆者大歓喜。


従来のシリーズでも高い会心率優秀な斬れ味で多くのハンターを魅了してきたナルガ武器の一つ、暗夜槍【黒雨】ですが、気になるその性能はというと・・!


攻撃力180、会心率35%、斬れ味は素で短めの白スロットLv2が一つ、そして属性は無し。

会心率斬れ味だけでもかなり良いのに、それに加えて何かと嬉しいスロットLv2が一つと、今作のナルガランスも良い性能してますね。

「暗夜槍【黒雨】」までの生産・強化ルート


■ヒドゥンスティンガーⅠ
ミレニアムからの強化のみで生産可能
・迅竜の尻尾×1
・迅竜の刃翼×3
・迅竜の牙×4
・竜骨【大】×2
必要ゼニー:4200z

■ヒドゥンスティンガーⅡ
・迅竜の鋭刃翼×4
・迅竜の鋭牙×5
・迅竜の骨髄×1
・堅竜骨×3
必要ゼニー:28000z

■暗夜槍【黒雨】
・妃蜘蛛の鉤棘×3
・迅竜の延髄×1
カテゴリ強化素材
・迅竜上位素材15pts
必要ゼニー:42000z

暗夜槍【黒雨】への強化は妃蜘蛛の素材が必要になるため、集会所上位の終盤まで進めないと強化できません。その分性能もかなり良いので、ランスを初めて使ってみるという方でもオススメの一振り。


暗夜槍【黒雨】の百竜スキル

暗夜槍【黒雨】の百竜スキルは攻撃力強化Ⅲ、会心率強化Ⅱ、操竜の達人となっております。

素の会心率が高いのにもかかわらず、「まだ物足りねぇ!」という方は会心率強化Ⅱを積んでしまいましょう。

もちろん攻撃力強化Ⅲで素の低めな攻撃力を上げて、デフォルトの会心率の高さや通常スキルの弱点特効などを頼りに火力底上げしても良し。


撃竜槍【吽】

Part2のラストを飾るランスはこちら、撃竜槍【吽】です。

槍ではなく撃槍です。ここ間違えるとまずいです。

本作における、貴重な龍属性ランスでもあります。

吽はそのまま「ゴウ」と読むのですかね。

それでは性能を見ていきましょう。


攻撃力210、龍属性15防御力ボーナス15、スロットLv1が2つ、斬れ味は素で僅かな青、匠で更に延長。

鉱石素材ランスから派生して作られるだけあって、バランスの取れた性能になっています。


「撃竜槍【吽】」までの生産・強化ルート


■撃竜槍【阿】Ⅰ
ミレニアムからの強化で生産する場合
・上竜骨×2
・岩竜の胸殻×3
・マカライト鉱石×5
必要ゼニー:3000z

素材を使って直接生産する場合
・上竜骨×3
・岩竜の甲殻×5
・ドラグライト鉱石×5
必要ゼニー:4500z

■撃竜槍【阿】Ⅱ
・ユニオン鉱石×2
・カブレライト鉱石×10
・岩竜の堅胸殻×3
必要ゼニー:12000z

■撃竜槍【吽】
・角竜の堅甲×2
・獄炎石×4
・いにしえの龍骨×2
カテゴリ強化素材
・モンスター上位素材20pts
必要ゼニー:30000z


盾部分は素材から察するにバサルモスのものを使ってそうです。
防御力ボーナスが付くのも納得。


撃竜槍【吽】の百竜スキル

撃竜槍【吽】の百竜スキルは会心率強化Ⅳ、防御力強化Ⅲ、弱点特効【属性】となっております。

元から高めな攻撃力を持っているので、会心率強化Ⅳを付けて火力増強するのも良し、防御力ボーナスを高めても良し。

スクショにもあるように、筆者は弱点特効【属性】をつけています。
火竜夫婦や某古龍相手にもよく担いでいくので、地味にありがたい百竜スキルです。


まとめ

さて、まとめです。

今回は氷鮫鋭銛ランパートバベルⅡヴェノムランスⅡ暗夜槍【黒雨】撃竜槍【吽】の6つを紹介させて頂きました。

前回紹介したランスを含めると、今回ので合計12本ですね。あと24本!(笑)

本記事を読んで頂いた方の中にも、思い入れがあったりお気に入りのランスがあるのでは無いでしょうか。

筆者的にはデザイン面では氷鮫鋭銛、バベルⅡが特に好きで、性能面では暗夜槍【黒雨】と撃竜槍【吽】が好きです。


Part2はPart1の雛形があったおかげか、かなりスラスラと書くことができました。

やっぱり好きなことを書くのって楽しい!

そしてそれが読者の方にも伝わって感想を頂けるのは記事作りのモチベーションにも繋がりますし、「見やすい!」「読みやすい!」と言ったほんの細やかな言葉が筆者の支えになっています。


この調子でPart3も頑張って書きます!


本記事は以上となります。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ではまた!

スポンサーリンク
ランス
スポンサーリンク
\良かった・役に立ったと思ったらぜひシェアをお願いします/
テクをフォローする
テクに狩る

コメント

タイトルとURLをコピーしました