【モンハンライズ】アプデで追加されたランス8種まとめ【ver2.0.0】

アイキャッチ画像ランス
この記事は約16分で読めます。
スポンサーリンク

こんばんは。テク(@Tech_Lancer)です。

モンハンライズにて、無料大型タイトルアップデート「ver2.0.0」が配信されてからもう3日経ち、ハンターの皆さんはアプデで追加されたモンスターたちを狩りまくっていることでしょう。

※アプデで追加されたモンスターたちについてはこちらの記事でちょっとだけ紹介しています。


今回のアップデートによって追加されたのはモンスターだけでなく、それらのモンスターの登場に伴って新たな強化先新たな派生が登場し、武器の選択肢が広がりました。

というわけで本記事では、ver2.0.0で追加された8つのランスについてまとめていこうかと思います。

この記事を読むと分かること

・ver2.0.0で追加された合計8種類のランスの性能やデザイン
・百竜鎗Ⅴで新たに追加された百竜スキル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新たな強化先が生まれたランス5種

まずは既存のランスに新たな強化先が生まれたランス5つご紹介致します。

アプデ前まではこれらの武器名は全て「〇〇Ⅱ」といった風に、まだ強化が全て終わっていない雰囲気を醸し出していた武器たちです。

エルダーバベル

バベルⅡ」という中途半端な名前だったものが、今回のアプデにより「エルダーバベル」と完成形に。

強化素材

・鋼の上龍鱗×4
・黄金色の粘泥土×2

上記2種に加え、カテゴリ強化素材として「鉱石上位素材20pts」が必要となります。

アプデ前からカンカン掘ってきたハンターさんなら、充分に鉱石素材が貯まっているかと思います(笑)

あわせて読みたい

バベルⅡの生産方法などはこちらからどうぞ。


エルダーバベルの百竜スキル

エルダーバベルの百竜スキルで「バベルⅡ」から変わった点は

・攻撃力強化Ⅲから強化された
・防御力強化Ⅱから強化された

となっています。

竜種特効はそのままです。


ヴェノムスクウィード

新たに登場した霞龍オオナズチですが、ランスは完全新規のナズチランスが出るのかと思いきや、なんと岩竜バサルモス素材のランスヴェノムスクウィードへの強化素材として使われます。

てっきりナズチランスが出るのかと思っていた筆者、見事に腰を抜かす(笑)

ヴェノムスクウィードへの強化素材は

・霞龍の翼×2
・岩竜の涙×1
・猛毒袋×4

となっており、カテゴリ強化素材として「岩竜上位素材12pts」も求められます。


改めて考えてみたら、アプデ前の最終強化名が「ヴェノムランスⅡ」と中途半端でしたね。

そしてオオナズチはを多用するので強化素材としては確かに納得がいく・・かも。

あわせて読みたい

ヴェノムランスⅡの生産方法などはこちらからどうぞ。

ヴェノムスクウィードの百竜スキル

ヴェノムスクウィードの百竜スキルで「ヴェノムランスⅡ」から変わったところは

・属性強化【毒】Ⅰから強化された

となっています。

防御力強化Ⅲ鈍刃の一撃そのままです。


セイバートゥース

アプデで追加された鋼龍素材を使うことにより、トゥースランスⅡからセイバートゥースに強化

バランス型の氷属性ランスとしては相変わらず優秀な性能ですね。

セイバートゥースへの強化素材は

・鋼龍の堅殻×2
・琥珀色の鋭牙×2

となっており、カテゴリ強化素材は「氷牙竜上位素材15pts」が必要となります。

あわせて読みたい

トゥースランスⅡの生産方法などはこちらからどうぞ。

セイバートゥースの百竜スキル

セイバートゥースの百竜スキルで「トゥースランスⅡ」から変わった点は

・会心率強化Ⅱから強化された

となっています。

攻撃力強化Ⅳ氷やられ特効についてはそのままですね。


プロミネンスピラー

炎王龍の素材を使うことで、レッドテイルⅡからプロミネンスピラーへと強化されます。

レッドテイルⅡの時点で火属性ランスとしてはそれなりに良い性能だったのが、今回のアプデでより良くなりましたね。

強化素材として必要なのは

・獄炎の龍鱗×3
・火竜の紅玉×1
・火竜の尻尾×3

となっており、カテゴリ強化素材は要求されません。

あわせて読みたい

レッドテイルⅡの生産方法などはこちらからどうぞ。

プロミネンスピラーの百竜スキル

プロミネンスピラーの百竜スキルで「レッドテイルⅡ」から変わったところは

・攻撃力強化Ⅱから強化された

だけであり、属性強化【火】Ⅰ弱点特効【属性】据え置きとなっています。


百竜鎗Ⅴ

新たに登場した「ヌシ・リオレウス」と「ヌシ・ディアブロス」の固有素材を使うことによって、百竜鎗もからへと強化されます。

※注意※

画像内の攻撃力、属性、会心率はあらかじめ百竜鎗Ⅳの時に付与していた
・攻撃力強化Ⅱ
・属性付与【雷】Ⅱ
・攻撃力激化
の影響で数値が上乗せされています。

本来の百竜鎗Ⅴの数値
・攻撃力200
・会心率0%
・属性は無し
となっています。

あわせて読みたい

百竜鎗Ⅳの生産方法などはこちらからどうぞ。

2021年5月27日追記

Ver3.0.0にて、百竜鎗Ⅴの更なる強化先、「百竜鎗【変幻自在】」が追加されました!
【モンハンライズ】アプデで追加されたランス8種まとめ【Ver3.0.0】

百竜鎗Ⅴの百竜スキル

百竜武器の新たな強化先の追加により、百竜武器にのみ装備できる百竜スキルもいくつか追加されています。

新たに追加された百竜スキル一覧

■1スロット目
・攻撃力強化Ⅲ
・会心率強化Ⅲ
・防御力強化Ⅲ
・斬れ味変更【参型】

■2スロット目
・属性付与【火】Ⅲ
・属性付与【水】Ⅲ
・属性付与【雷】Ⅲ
・属性付与【氷】Ⅲ
・属性付与【龍】Ⅲ

■3スロット目
・属性値激化

この中でも、斬れ味変更【参型】は発動させることで得られる斬れ味ゲージの長さとかが気になる方もいると思うので、下記で百竜鎗Ⅴを例に軽くご紹介致しますね。

斬れ味変更【参型】は青ゲージがとても長い!しかしデメリットも・・

こんな感じです。

匠Lv5を付けた状態ですが、匠を発動させていなくても青がめちゃくちゃ長い!

これは匠や業物なしで運用したい場合にもってこいの斬れ味かなと!

ただし、実はデメリットもあり

それが何なのかと言うと、

斬れ味が変化する代わりに攻撃力が-10される

というもの。

うまい話には裏があるということで、何か大きなメリットを得ようとなると何かを犠牲にしなければならないのですね。

とはいえ、青ゲージの長さは文句無しに良いと個人的には思うので、多少のデメリットは受け入れてでも採用する価値は充分にあるのではないでしょうか。

ちなみに・・

各種属性付与Ⅲ、及び属性値激化についても攻撃力がマイナスされる特徴がある。
■属性付与Ⅲの場合
属性値に+20する代わりに攻撃力が-5される
■属性値激化の場合
属性値に+10する代わりに攻撃力が-15される

上記のような特徴があるので、自分のプレイスタイルや好みに合わせて選ぼう!


既存のランスに追加された、新たな強化先は以上となります。

これより下ではver2.0.0で追加されたモンスターの素材をふんだんに使った新派生のランスをご紹介致します。

ランサーなら思い入れ深い方もいるであろう、懐かしの”あのランス”もありますよ。

新たな派生が登場したランス3種

さて、ここからは今回のアプデによって追加されたモンスターの素材を使って生産できるランサーならお馴染みのランスたちをご紹介致します!

爆鱗槍バゼルミニアド

こちらは「モンスターハンター:ワールド」で初登場した爆鱗竜バゼルギウスの素材から作られるランスです。

ライズでまさかの復活を果たしたバゼルギウスと同時にこのランスも復活です。

爆鱗竜派生としてまずは「爆鱗の突撃槍Ⅰ」を生産し、爆鱗の突撃槍Ⅱを経て最終強化「爆鱗槍バゼルミニアド」となります。

「爆鱗槍バゼルミニアド」までの生産・強化ルート

■爆鱗の突撃槍Ⅰ
・爆鱗竜の尻尾×1
・爆鱗竜の爆腺×4
・爆鱗竜の上鱗×5
・獄炎石×1
必要ゼニー:54000z

■爆鱗の突撃槍Ⅱ
・古龍の血×3
・爆鱗竜の尖爪×3
・爆鱗竜の堅殻×4
・怨虎竜の魂結晶×3
必要ゼニー:60000z

■爆鱗槍バゼルミニアド
・炎龍の塵粉×4
・爆鱗竜の翼×2
・爆鱗竜の宝玉×1
カテゴリ強化素材
・爆鱗竜上位素材10pts
必要ゼニー:75000z


最終強化「爆鱗槍バゼルミニアド」の性能はこんな感じ。

爆鱗竜の宝玉に引っ掛かり、筆者はまだ最終強化できていない状態です(苦笑)


もちろん、百竜スキルにも対応しています。

爆鱗槍バゼルミニアドの百竜スキル

バゼルミニアドの百竜スキルは

・防御力強化Ⅱ
・属性強化【爆破】Ⅲ
・痛恨の一撃

となっています。


鋼氷槍Ⅰ

鋼龍クシャルダオラの参戦により、筆者の愛用ランスである「鋼氷槍」も無事復活!

筆者のブログTwitterのアイコンで見慣れている方も多いかと思います。

←これです


やっぱり渋くてカッコイイ・・!!

現段階ではこれが最終段階ですが、名前に「Ⅰ」とついているので、今後のアップデートで「Ⅱ」や最終強化として「テリオス=ダオラ」が登場するのではと睨んでいます(笑)

2021年5月27日追記

Ver3.0.0にて、鋼氷槍Ⅰの強化先、「テリオス=ダオラ」が追加されました!
【モンハンライズ】アプデで追加されたランス8種まとめ【Ver3.0.0】


鋼氷槍Ⅰは鋼龍派生から直接生産できます。

「鋼氷槍Ⅰ」の生産に必要な素材

・鋼龍の尻尾×1
・鋼龍の堅殻×3
・鋼の上龍鱗×4
・古龍の血×1
必要ゼニー:60000z

性能もⅠの段階では「まだポテンシャルを秘めている」感が凄いので、今後のアップデートに期待したいところです。

鋼氷槍Ⅰの百竜スキル

鋼氷槍Ⅰの百竜スキルは

・攻撃力強化Ⅱ
・会心率強化Ⅱ
・鋼龍の魂

となっています。

クシャルの参戦により、さりげなく新しい百竜スキル鋼龍の魂」が追加されてたりします。

鋼龍の魂の効果とは?

鋼龍の魂の効果は「攻撃を当て続けることで段階的に会心率が上昇する」というもの。

ダブルクロスとかにあった「連撃の心得」を彷彿とさせる百竜スキルですね。

スキル詳細を見るまでは、てっきり風圧関連に対するスキルかなと思ってました。

上昇する会心率

1段階目:25%
2段階目:30%

2段階目まで発動した場合、会心率が30%上乗せされて55%になるわけではなく、1段階目の25%上書いて30%になるので、そこは注意です。


ランス突進で会心率上昇の様子を見てみました↓

鋼氷槍Ⅰはデフォルトで会心率+10%が付いてあるので、動画内では+35%→+40%と変化しています。

テオ=ハウルⅠ

懐かしの”あのランス“の正体です。

炎王龍テオ・テスカトルの素材から作られる爆破属性のランステオ=ハウルⅠです。

モンハンワールドやアイスボーンでもテオ・テスカトルは登場していましたが、なぜかこのランスは登場しなかったんですよね。

しかしライズにて、テオと共にこのランスもめでたく復活となりました!

本ランスは炎王龍派生から直接生産します。

「テオ=ハウルⅠ」の生産に必要な素材

・炎王龍の尖角×2
・炎王龍の堅殻×3
・炎龍の塵粉×3
・古龍の血×1
必要ゼニー:60000z

テオ=ハウル「」とあるので、こちらもおそらく「」や最終強化としてテオ=ロア」が今後来るのではと思います。

この時点でかなりの性能を誇っているのに、これ以上強化されるとは・・恐ろしい(歓喜)

2021年5月27日追記

Ver3.0.0にて、テオ=ハウルⅠの強化先、「テオ=ロア」が追加されました!
【モンハンライズ】アプデで追加されたランス8種まとめ【Ver3.0.0】

テオ=ハウルⅠの百竜スキル

テオ=ハウルⅠの百竜スキルは

・攻撃力強化Ⅱ
・火やられ特効
・炎王龍の魂

となっており、こちらも新たな百竜スキル炎王龍の魂」が追加されています。

炎王龍の魂の効果とは?

炎王龍の魂は「武器攻撃による爆破発生時のダメージが増加する」というもの。

この「爆破発生」は筆者は「爆破属性だけ」と思っていたのですが、どうやら徹甲榴弾拡散弾による爆発も含まれるみたいですね。

ランサーな筆者には無縁な話でした。

まとめ

さて、まとめです。

今回は「モンハンライズ(ver2.0.0)で追加された8つのランス」について書かせていただきました。

既存のランスに新たな強化先が追加されたのは

・エルダーバベル
・ヴェノムスクウィード
・セイバートゥース
・プロミネンスピラー
・百竜鎗Ⅴ

この5つです。


そして、複数の追加モンスターの登場により、新たな派生が登場したのは

・爆鱗竜派生(爆鱗槍バゼルミニアド)
・鋼龍派生(鋼氷槍Ⅰ)
・炎王龍派生(テオ=ハウルⅠ)

この3つとなります。


ver2.0.0で追加されたランスは上記の8種類ですが、

・ティガスティンガーⅡ
・鬼槍ラージャンⅡ
・あかしまの神槍Ⅱ
・かんなりの神槍Ⅰ

こちらの4種類はまだ真の最終強化とは言えない状態で止まっているため、今後のアップデートで強化先が追加されるのだろうと思います。

次回の無料大型アップデートではおそらくイブシマキヒコナルハタタヒメとの決着がつくようになると思うので、ストーリー展開もまた楽しみですね!

2021年5月27日追記

Ver3.0.0にて、上記4つのランスに最終強化先が追加されました!
【モンハンライズ】アプデで追加されたランス8種まとめ【Ver3.0.0】


本記事は以上となります。

良かったと思ったら、記事のシェアリプライなどなどして頂けたら今後の励みになりますm(__)m

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ではまた!



スポンサーリンク
ランス
スポンサーリンク
\良かった・役に立ったと思ったらぜひシェアをお願いします/
テクをフォローする
テクに狩る

コメント

タイトルとURLをコピーしました