【モンハンライズ】「バベルⅠ」を直接生産して「エルダーバベル」を作っていたランサーがいるらしい

アイキャッチ画像ランス
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。テク(@Tech_Lancer)です。

モンハンライズにおける武器の生産方法といえば、武器派生図一覧から「作りたい装備」を目指して素材を集め、強化していくのが基本ですよね。

さらに本作には、「百竜スキル」と呼ばれる武器毎に異なるおまけスキルのようなものを付与させることができます。

この百竜スキルですが、派生強化できる武器は「武器毎に用意されている別の百竜スキル」に置き換わります。

具体的には以下の通り。

例:カムラノ鉄鎗Ⅱから風ノ賊槍Ⅰに派生させると・・

カムラノ鉄鎗Ⅱの百竜スキル
・攻撃力強化Ⅰ
・会心率強化Ⅱ
・防御力強化Ⅰ

風ノ賊槍Ⅰに派生させるとこうなる
・会心率強化Ⅱ
・小型特効
・オトモへの采配術

上記のように、派生先を変えると百竜スキルがガラッと別のものに変わるんですね。

しかし「派生後に用意されていない百竜スキル」を装備させた状態で強化をすると、派生元の武器で使っていた百竜スキルを引き継ぐことができるんです。


上記の例で言うと・・

カムラノ鉄鎗Ⅱで「防御力強化Ⅰ」を付与させた状態で風ノ賊槍Ⅰに派生させると、風ノ賊槍Ⅰにデフォルトで用意されていない「防御力強化Ⅰ」を引き継げるのです。



この仕様自体は筆者も把握してはいたのですが、すっかり失念していました

これだけならまだ良かったのですが・・



そう、エルダーバベル作成の時に筆者はやらかしてしまっていたのです。



というわけで今回は、そんな筆者のやらかしについて懺悔させていただきます。

この記事を読むと分かること

・筆者は「バベルⅠ」を直接生産してから「エルダーバベル」を作っていた

・エルダーバベルを作る際は「鉄蟲糸技強化」が付与されている「パラディンランス」から派生させよう

鉄蟲糸技強化を付けたエルダーバベルによる「流転突き」はかなり強力

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バベルⅠを直接生産してからエルダーバベルに強化してた

何をやらかしたのかと言うと、バベルⅠを直接生産してからエルダーバベルに強化していたせいで、百竜スキルの「鉄蟲糸技強化」を引き継げていなかったのです。

鉄蟲糸技強化の効果内容は「鉄蟲糸技の攻撃ダメージが増加する」というもので、その倍率は1.1倍となっています。

流転突きのバフ効果やアンカーレイジの橙色オーラと同じ補正倍率!

この恩恵を受けずしてエルダーバベルを使うのは勿体なさ過ぎますよね。

やらかしに気づいたきっかけ

筆者は狩人ブロガーを名乗っているので、ブログ研究も兼ねて他のブロガーさんの記事を読みに行くことが多々あります。

そんな時にふと見つけた、じゃぶじゃぶさんという方が書かれたこちらの記事。

上記の記事から、内容を少し引用させていただきます。

「エルダーバベル」を作成する際は派生途中の「バベルⅠ」から作成するのではなく、「アイアンランスⅠ」から作り始めて「パラディンランスⅠ」まで進んだタイミングで、百竜スキルに<鉄蟲糸技強化>を付けるようにしてください。

これにより<鉄蟲糸技強化>付きの「エルダーバベル」を作ることができます。

引用元:「じゃぶじゃぶゲーム」様の「【モンハンライズ】Ver3.0のオススメ ランス装備(バルファルク・独虎・バベル)」より

これを読み、筆者は

( ゚д゚)!!

って顔になりましたね(笑)

そうか、そんなこともできたのか・・!と。

自身の「無知の知」を知った瞬間でした。

おそらく大半のランサーさんは、エルダーバベルが実装された時点で知っていたことなのかなと思いますε-(´∀`; )

あわせて読みたい

エルダーバベルが実装されたVer2.0.0の時に書いたこちらの記事でも、なんの疑いもなく「バベルⅠ」から強化を重ねた状態での百竜スキルを紹介していました。
【モンハンライズ】アプデで追加されたランス8種まとめ【ver2.0.0】

実際にエルダーバベルを作り直してみた

気を取り直して、「鉄蟲糸技強化を付けたエルダーバベル」を作るために、アイアンランスから生産し直していきます。▼


順当に強化を進め、百竜スキル「鉄蟲糸技強化」が追加される「パラディンランスⅠ」まで辿り着きました。▼


パラディンランスⅠが出来たら「武器の百竜強化」で忘れずに鉄蟲糸技強化を装備させます。▼


そして派生は分岐し、パラディンランスⅠから「バベルⅠ」に派生強化させます。▼

鉄蟲糸技強化が引き継がれているのが分かりますね。

あとはこのまま「バベルⅡ」「エルダーバベル」へと強化させるだけです。▼

これでエルダーバベルの作り直しが完了です。

画像の通り、エルダーバベルまで強化しても「鉄蟲糸技強化」が引き継がれていますね。

なんとか素材が余っていて良かったです(汗)

鉄蟲糸技強化付きのエルダーバベル。その実力は?

鉄蟲糸技強化を付けたエルダーバベルの実力を知るため、さっそく装備を組んでみました。

装備構成

武器:エルダーバベル
(スロットに匠珠【3】)

頭:カイザークラウン
(スロットに研磨珠【1】)

胴:ヴァイクSメイル
(スロットに匠珠【3】、鉄壁珠【2】、研磨珠【1】)

腕:禍鎧・覇【篭手】
(スロットに鉄壁珠【2】)

腰:バゼルコイル
(スロットに攻撃珠【2】×2)

脚:インゴットSグリーヴ
(スロットに研磨珠【1】)

使用した護石は下記の通りです。

スロットに匠珠【3】と耐衝珠【1】を入れます。
  • 体力回復量UP Lv2
  • 翔蟲使い Lv3
  • スロットLv3-1

という、一見使いづらそうな護石ですが、スロットのおかげでこれが大活躍します。


以下発動スキルとなります。

発動スキル

見切りLv5
匠Lv5
攻撃Lv4
ガード性能Lv3
砥石使用高速化Lv3
翔蟲使いLv3
体力回復量UPLv2
超会心Lv1
・砲弾装填Lv1
ひるみ軽減Lv1
・鬼火纏Lv1

翔蟲使いLv3を付けている理由は言うまでもなく、自分が地上にいる時の翔蟲の回復時間を短縮したり、野良の翔蟲の保有時間を伸ばしたりするためです。

また、ガード性能Lv3を付けておくことで、流転突きのバフ効果を受けやすくしています。

砲弾装填鬼火纏は防具のおまけと割り切ります。

イベクエ「翔け抜けるデザイア」で試し突き

装備を組み終えたところで、お次はさっそく試し切りならぬ「試し突き」をしに行きます。

今回挑むクエストは、未クリアだったイベクエ「翔け抜けるデザイア」です。

流転突きで翔け抜けて来ました。



まずはロアルドロスから。

流転突きをとにかく発動させまくり、かなりゴリ押し気味で討伐しました。

そのタイム、なんと2分ちょっと。▼

流転突きの威力の高さと、エルダーバベルに付けられた鉄蟲糸技強化の恩恵をかなり受けているなと実感できます。



続いてはプケプケです。

エリア移動などの時間も考慮すると、プケプケ討伐に掛かった時間はおよそ2分30秒くらいでしょうか。▼

2頭含めて5分ちょっとで討伐って火力すごすぎる・・


そして最後のビシュテンゴ

ビシュテンゴは筆者の苦手モンスターの1つでもあるので、「流転突きメインでも少し時間が掛かるんじゃないか?」と思っていたのですが・・

プケプケ討伐後からカウントして、3分少し過ぎたかな?というくらいですね。

最後は捕獲したとはいえ、なんと3体のモンスターを10分以内に沈めることができました!

流転突きの威力の高さを再認識しました。

この火力の高さ・・

百竜夜行の「反撃の狼煙」が上がっている時とか、ランスでは考えられないくらいのダメージになるのでは・・


あと、クエストクリアしたのでポーズセット「翔蟲ポーズ」もゲットしました!▼

まとめ

さて、まとめです。

今回は筆者のやらかしである

エルダーバベルを「バベルⅠ」から直接生産して強化していた

ということについてお話ししました。

なぜこれがダメだったのかというと、

バベルⅠから直接生産してしまうと、
百竜スキルの「鉄蟲糸技強化」が付けられずにちょっとだけしてしまうから

ですね。

鉄蟲糸技強化の補正倍率は「1.1倍」と高めなので、エルダーバベルのデフォルトの性能の良さも合わ去って、流転突きと併用することでとても強力なランスになるわけです。

この恩恵を受けずに使うのはもったいない!



鉄蟲糸技強化付きのエルダーバベルにする方法は以下の通りです。

アイアンランス」から順当に強化を重ね、
パラディンランスⅠ」になった時に「武器の百竜強化」から「鉄蟲糸技強化」を付ける

その状態で「バベルⅠ」に「強化」し、「エルダーバベル」まで強化を行う。

筆者のような失敗は避けましょう!



本記事は以上となります。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ではまた!

スポンサーリンク
ランス
スポンサーリンク
\良かった・役に立ったと思ったらぜひシェアをお願いします/
テクをフォローする
テクに狩る

コメント

  1. W鯖ランサー より:

    失礼致します。千回ランスを使用した記事を目にし、それからブログを読ませていただく様になった者です。私は初代無印〜アイスボーン、そしてフロンティアと全シリーズをランスだけで遊び倒している槍馬鹿中年ハンターです。腕は並の神プレイならぬ紙プレイですが、同じランス愛好家の方がいて嬉しく思います。Switchを子供が貸してくれないのでライズはPC版を楽しみに待ちながら、それまでこちらのブログを参考に体験版でトレーニングに励みたいと思います。

    • テク より:

      わー!コメントありがとうございます!

      ランス1000回使用しての感想記事から当ブログを知ってくださったとのことで、
      こちらも嬉しいです!

      初代からに加えてMHFもプレイされていたのですね。
      最新作のランスは「アイスボーンの操作感+α」といった感じで使い勝手もさらに向上しているので、
      PC版ライズの体験版でぜひ実際に触ってみてください!

      お子さんもゲーマーのようで微笑ましいです(笑)

      今後も記事更新していきますので、また読みに来ていただければ嬉しいです。

  2. コステロ より:

    結構この仕様地味ですけど、
    大事な要素ですよね。
    最終強化に攻撃力強化が無い
    武器種に派生元から引っ張ってきたり
    なんかもできますな。

    ティガ武器はランスの場合骨派生だから
    鉄蟲糸技強化を持ってこれないけど、
    鉄派生の太刀やハンマーは主力の兜割りや
    インパクトクレーターの火力を上げれるのは
    羨ましいところですよね…
    ランスの火力は流転に偏ってるので
    鉄派生だとありがたかったですな。

    • テク より:

      コステロさん、コメントありがとうございます!

      おっしゃる通り、百竜スキルの引き継ぎ仕様を把握していないと、
      あとで二度手間になりやすいですよね(汗)

      >ランスの火力は流転に偏ってるので鉄派生だとありがたかった
      これについては、同一武器種内でのバランス調整が絶妙に掛かっているのが分かりますねε-(´∀`; )
      轟槍【独虎】で鉄蟲糸技強化がつけられた日には(モンスターが)大変なことに・・(笑)

タイトルとURLをコピーしました