【モンハンライズ】百竜鎗の最適な百竜スキルの組み合わせを考えてみる。(火属性編)

アイキャッチ画像ランス
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

※この記事はVer1.1.2時点での内容で書いているため、百竜鎗Ⅴ以降については言及していません。予めご了承ください。

こんばんは。テク( @Tech_Lancer )です。


前回の記事に続き、『百竜鎗Ⅳの可能性を引き出すため、自分にとって最適な百竜スキルの組み合わせを考えてみる』シリーズの第3弾目として、今回は火属性編をお届けいたします。


ライズに登場している火属性のランスは暁の突槍シルリッターヒートスティンガー、そしてレッドテイルⅡの3種類です。


百竜鎗は装飾品スロットが存在しないため拡張性に欠けますが、3つの百竜スキルスロットのおかげである程度好みの性能に作り上げることが可能なので、上手く百竜スキルを組み合わせたら上記3種の火属性ランスと肩を並べられる性能にできるのではないか・・!?とワクワクしながら百竜鎗Ⅳをカスタムしてみました。


結論から言うと、そうはいきませんでした

具体的に言うと、以下のような感じになります。

筆者の考えた百竜鎗Ⅳ(火属性)の総評

・匠あり時の斬れ味、スロット、属性値、攻撃力。全てにおいてシルリッターを越えられない。
・匠あり時の斬れ味(青ゲージ)の長さと攻撃力でレッドテイルⅡを僅かに上回るが、属性値とスロット数で劣る
・斬れ味、属性値、会心率でヒートスティンガーに勝るがスロット数で劣る

もっと分かりやすく表現するとこうなります。

暁の突槍シルリッター > レッドテイルⅡ = 百竜鎗Ⅳ > ヒートスティンガー


・・・と、何とも中途半端な性能になってしまいましたが、その詳細は以下より紹介いたします。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

百竜鎗(火属性)

今回紹介する火属性百竜鎗Ⅳ装備はこちら!

発動スキルは以下の通りです。

筆者のお目当てスキル

・攻撃Lv5
・弱点特効Lv3
・匠Lv3
・ガード性能Lv3
・気絶耐性Lv3
・砥石使用高速化Lv3

主に対ヌシ・アオアシラ用として使用しています。

気絶耐性Lv3(気絶無効)が地味に便利です(笑)

使用護石は例によって「ブレ抑制Lv1 弱点特効Lv2 スロットLv1-1」を使っています。


百竜鎗Ⅳに装備させている百竜スキル

今回の百竜鎗Ⅳに装備させている百竜スキルは以下の通りです。

属性付与【火】

今回の百竜鎗Ⅳは火属性ランスとして運用するため、属性付与【火】は必須。

この百竜スキルによって武器に火属性が付与され、火属性値が+15に。

属性値強化Ⅱ

属性付与【火】によって付与させる火属性値は15と低めなため、属性値強化Ⅱによって+7し、火属性値の合計は+22となります。


今回装備させている百竜スキルは上記の2つのみで、会心率激化攻撃力激化あえて装備させていません。


なお、百竜鎗Ⅳに会心率激化を装備させると攻撃力がマイナス10されて攻撃力が180になり、ここでレッドテイルⅡと同等の攻撃力になります。

加えてレッドテイルⅡには無い会心率+20%も得られるので、もしかしたら会心率激化をつけたほうが良さげかも・・?


とはいえ、スロットが無い故に装備の幅が狭められやすいこと属性値の低さ総合的なバランスを考慮すると火属性ランスとして百竜鎗Ⅳを使おうとするのであれば暁の突槍シルリッターで十分なのではないか、と思っちゃいました(汗)

まとめ

さて、まとめです。

今回は火属性を付与させた百竜鎗Ⅳについて簡単にご紹介致しました。

火属性ランスは既に「暁の突槍シルリッター」と言う性能バランスが良いランスが存在するので、制作難易度などを加味すると、筆者のようなよほどの物好きランサーでないならシルリッターで十分とも言えます。


百竜武器に装備できる百竜スキルのレベルや種類、今後のアップデートで増えたり強化されたりしないかな・・?!


本記事は以上となります。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ではまた!

スポンサーリンク
ランス
スポンサーリンク
\良かった・役に立ったと思ったらぜひシェアをお願いします/
テクをフォローする
テクに狩る

コメント

タイトルとURLをコピーしました