【モンハンライズ】並ランサーでも勝てる!超強化されたヌシ・ジンオウガを討伐するための生存戦略【イベクエ・重大事変】

ヌシ・ジンオウガ攻略記事アイキャッチランス(Rise)
この記事は約13分で読めます。
この記事の対象者

ランスヌシ・ジンオウガを討伐したいランサーさん

ジャスガではなく通常の「ガード」型で立ち回りたいランサーさん

タイムにこだわらずとにかく討伐できれば良いというランサーさん

生存スキルを詰め込みたいランサーさん

こんばんは。テク(@Tech_Lancer)です。

モンハンライズにて配信されているイベクエの「重大事変」シリーズですが、これらの名を冠するクエストには攻撃力が超強化されたヌシモンスターが登場します。

先日配信されたイベントクエスト「ヌシ・ジンオウガ重大事変」は、これまで配信されてきた重大事変シリーズのトリを務めている感じですね。

ヌシ・ジンオウガ重大事変
2022年2月18日配信開始「ヌシ・ジンオウガ重大事変」

今回は水没林が舞台!


これらの超強化されたヌシ個体ですが、挑戦するにあたってこんなことを思ったことはありませんか?

  • 自分にはクリアできそうにない
  • 上手い人だけがやるクエでしょ

確かに、重大事変シリーズは腕試しクエストという位置付けでもあるかと思います。

しかし、ライズのラスボスを討伐できるほどの実力があるアナタなら、しっかりと対策すれば必ずクリアできるはずです。

特にタイムアタックで実績を残しているわけでもない筆者のような並ランサーであっても、本記事で紹介していることを意識すれば超強化されたヌシ・ジンオウガだって討伐できます。

初見時の筆者のクリア状況

時間こそかかってますけどね(笑)

とにかく、「クリアしてみたいという思い」さえあれば十分です!


というわけで今回は、

並ランサーでも勝てる!
超強化されたヌシ・ジンオウガを討伐する為の生存戦略

というテーマで

・ヌシ・ジンオウガの高攻撃力と雷属性攻撃に備えた装備構成

・ヌシ・ジンオウガの攻撃をガードする際に注意すべき攻撃とその対策

について書いていきます。

この記事を読むことで、腕に自信があるハンターさんそうでないハンターさんも、「ヌシ・ジンオウガ重大事変」をクリアできるようになるでしょう。

この記事を読むと分かること

・ヌシ・ジンオウガ重大事変をクリアするための装備構成の例

・ヌシ・ジンオウガの注意したい攻撃

削りダメージが多い攻撃アンカーレイジで対策可能

なお、今回紹介する装備やランスの立ち回りのスタイルとしては、ジャストガードではなく通常の「ガード」となります。

筆者情報!
・MH歴10年
・ランス歴9年
・MH4G、MHW:Iでランス回数カンスト経験あり
・MHRiseのランス使用回数は現在3000回超え
・ライズプレイ時間は現在900時間超え
・クシャ以外のモンスターは苦手分野

スポンサーリンク

ヌシ・ジンオウガの高攻撃力、雷属性攻撃に備えた装備構成

ここでは、重大事変個体のヌシ・ジンオウガを討伐するための、防御寄りのヌシジン特化ランス装備をご紹介致します。

火力を盛りたい!」という気持ちはグッとこらえて、まずは死なないことを最優先にしましょう。

いくら火力盛りでも
被弾して力尽きてしまったら元も子もないです。

装備詳細

 武具名称装飾品
武器テリオス=ダオラ防御珠【1】
クシャナアンク防御珠【1】
ヴァイクSメイル匠珠【3】
剛刃珠【2】
防御珠【1】
バサルSアーム防御珠【1】
耐雷珠【1】
バサルSコイル鉄壁珠【2】
ボロスSグリーヴ鉄壁珠【2】
耐雷珠【1】
護石神嵐の護石
剛刃研磨Lv2
スロット2-1
超心珠【2】
耐雷珠【1】

ヌシ・ジンオウガの弱点属性は氷なため、筆者の愛槍でもある「テリオス=ダオラ」を使用します。

武器スロもあり、
斬れ味も匠で伸ばせばかなり実用的な白ゲージを得られます。

入れ替え技については

  • アンカーレイジ
  • シールドチャージ
  • ガード

の構成にしております。

後ほど紹介しますが、
アンカーレイジ使用時ガード時の削りダメージを無しにできます!


【発動スキル】

・防御Lv7
・ガード性能Lv5
・匠Lv3
・剛刃研磨Lv3
・雷耐性Lv3
・砥石使用高速化Lv3
・通常弾・連射矢強化Lv2
・超会心Lv1
・攻めの守勢Lv1

ご覧の通り、火力スキルよりも生存スキルを多めに詰め込んでいます。

通常弾強化スキルは
防具のおまけとしてついてるだけなのでお気になさらず。

ガード性能は最大のLv5まで積んでいますが、それでもガード時に後退【大】が発生する攻撃があるので削りダメージには要注意です。

なお、ヌシ・ジンオウガには「ガード強化スキル」が必要ありません

全ての攻撃をガード強化なしでガード可能!


匠Lv3で実用的な長さの白ゲージを出現させ、

剛刃研磨Lv3によって斬れ味を維持しやすくしております。

砥石使用高速化Lv3は、剛刃研磨の恩恵をよりスムーズに受けるためにつけてます。


そして本装備の特徴を代表する(?)スキルとして、防御Lv7を積んでいます。

これをつけることによって、鎧玉で最大まで強化した防具の防御力をさらに底上げできます。

【防御Lv7の効果】

防御力を1.1倍し、さらに防御力+35を上乗せ

全属性耐性+5

防御スキルをつけておくことで、
削りダメージが発生した際のダメージもより軽減しやすくなります。


また、ヌシ・ジンオウガは通常個体以上に熾烈な雷属性攻撃を仕掛けてくるため、雷耐性Lv3で属性耐性も補強しています。

これにより、総合的な雷属性耐性は26に!

ここまで上げれば、いかなる雷属性攻撃を浴びても雷属性やられになりません

ただし、
こちらの体力の状態によっては、
雷属性耐性を十分に上げていても即キャンプ送りになることも・・

それくらい重大事変個体は攻撃力が高いのです。

食事効果で耐性をさらに底上げ可能!

食事効果で「雷耐性【大】」を発動させれば、雷耐性は36に。

ここまで耐性を上げると、
体力が増えるヒトダマドリを集めまくって最大まで体力を増やせば、即死はまずないです。

体力100だと即死でしたが、体力を130ほどにすると即死は免れるように。

基本的に狙う部位は頭と前脚と後脚

ヌシ・ジンオウガのランスにおける基本的な立ち回りとしては、肉質の軟らかい下記3部位を狙って攻撃していくのが基本ですね。

  • 前脚
  • 後ろ脚

特に超帯電状態(怒り時)の前脚の肉質70となっていて、これは頭部より肉質が軟らかいのです。

頭部は怒り時であっても65

ランスの場合、ヌシ・ジンオウガの頭を狙うのはさほど難しくはないでしょう。

しかし「中段突きで届く範囲内に肉質が軟らかい部位がある」というのはとてもありがたいことですよね。

ヌシ・ジンオウガはコンボ攻撃や大技を放った後に威嚇行動を挟むことが多いです。

その隙にランスの溜めなぎ払いを当てて、少しでも多くのダメージを稼いでおきましょう。

次の項目では、
ヌシ・ジンオウガの攻撃のうち、
危険度が高くてガード削りが多い攻撃の対処法などを解説していきます。

ヌシ・ジンオウガの攻撃をガードする際に注意すべき攻撃とその対策とは

ヌシ・ジンオウガとランス

ここでは、ヌシ・ジンオウガの攻撃の中でも「危険度が高くて、ガード時の削りダメージも多い攻撃」の対処法を紹介していきます。

ガード削りが多いモンスターはランサーの大敵。

ヌシ・ジンオウガの注意したい攻撃3つ

前脚溜め叩きつけ

空中からの前脚叩きつけ

超帯電&怒り時の大技コンボ

下記より詳しく解説しますが、ガード時に削りダメージが発生する攻撃については基本的に鉄蟲糸技「アンカーレイジ」を使って対処します。

さまざまな攻撃から派生する「前脚溜め叩きつけ」

ヌシ・ジンオウガが頻繁に繰り出してくる、前脚を大きく上げて溜めてから叩きつける技ですね。

ライズの公式ガイドブック準拠の技名は「電撃前脚浴びせ攻撃」に該当。

この攻撃は威力値がとても高くガード性能Lv5のランスであってもガード時に削りダメージが発生します。

頻繁に繰り出してくる攻撃なだけに、
削りダメージを貰い続けやすい攻撃でもあります。

アンカーレイジで削りダメージを無効化!

ヌシ・ジンオウガの溜め叩きつけ攻撃ですが、普通にガードすると削りダメージをもらってしまうというのは先ほどお伝えしましたね。

ではこの攻撃を無傷でガードする方法はないのか?

実はあります。

それが何かというと、鉄蟲糸技「アンカーレイジ」を使うというもの。

【関連記事】
【モンハンライズ】アンカーレイジを基礎から解説!【強化持続は対象外】

ご覧の通り、削りダメージを一切受けずにガードしていることがお分かりいただけるかと思います。

ついでに反撃もできて良き!

これらの攻撃もアンカーレイジで対処!

【尻尾回転攻撃】

【超帯電状態時の大放電】

とにかく、
威力値の高い攻撃に対してはアンカーレイジが効果的!

噛みつき→タックル→前脚溜め叩きつけに要注意!

前脚溜め叩きつけは単発のみならず、連続お手攻撃の中に練り込んできたりもします。

なかでも特に注意しておきたいのが、タックルから派生して繰り出してくる時です。

「タックルをガードしたから反撃するぞ〜」と思って油断すると、前脚の餌食になりかねません。

タックル後の前脚溜め叩きつけに被弾しないために、ヌシ・ジンオウガがタックルをしてきたらすぐにカメラの方向を変えヌシジンを常に画面内に捉えておくことが大事!

噛みつき→タックルと来たら、その次には前脚溜め叩きつけが来る!と意識しておきましょう。

空中からの前脚叩きつけ

続いては、「空中からの前脚叩きつけ」について解説致します。

「空中からの前脚叩きつけ」は、サマーソルト攻撃から派生するアレですね。

※ライズの公式ガイドブック準拠の名称で言うと「雷撃叩きつけ」に該当。

この攻撃も威力値が高いため、普通にガードすると後退(中)が発生します。

最初に紹介した「溜め叩きつけ」と比較すると威力は控えめです。

こちらの攻撃についても、アンカーレイジを使うことで削りダメージを無効化して凌ぐという戦法が有効です▼

ヌシ・ジンオウガ最大のあの大技はこう対処する!

ヌシ・ジンオウガが超帯電状態かつ怒り時の時に繰り出してくる、

  • 放電
  • サマーソルト攻撃(1回目)
  • 雷撃叩きつけ(1回目)
  • サマーソルト攻撃(2回目)
  • 雷撃叩きつけ(2回目)

というとんでもないコンボ技。

この攻撃の対処方法としては、下記の2つです。

とにかく納刀ダッシュで逃げる

スタミナを150近くまで蓄えておき、全てガードで受け止める

世のランサーさんはこれを全てジャストガードで捌くなんていう芸当をしてらっしゃる方々が居ますが、ここでは触れません。

【納刀ダッシュで逃げる場合】

納刀ダッシュで逃げる場合、なるべくヌシ・ジンオウガから離れるように走りながら円を描く感じで移動すると良い感じに避けられます。


【全てガードで受け止める場合】

ヌシ・ジンオウガの大技を全てガードで受ける場合、スタミナ残量と体力に余裕を持たせておく必要があります

体力、スタミナ共に150付近が理想!

技の出だしの落雷攻撃でスタミナを複数回消費する上、次のサマーソルト攻撃の後には削りダメージも発生する雷撃叩きつけがやってきます。

さらに、サマーソルト攻撃&雷撃叩きつけのセット1回の大技発動中につき2回繰り出してきます

1回目の「雷撃叩きつけ」に対してはアンカーレイジを使わないようにしましょう。

ここで使ってしまうと、次のサマーソルト攻撃を喰らいかねません。

おまけ:削りはないが、不意打ちされやすい飛びかかり攻撃

ここでは番外編として、ガード時に削りはないけれど不意打ちされやすい攻撃である「飛びかかり攻撃」についてご紹介します。

突進の後に繰り出してきやすい飛びかかり攻撃。

通り過ぎたと思って油断して砥石を使ったりしていると、もれなく被弾します。

この技の威力や攻撃力自体はそこまで高くないですが、雷属性攻撃でもあるため耐性によっては馬鹿にできないダメージをもらうこともあります。

「ヌシジンが突進してきたら飛びかかり攻撃が来る」と意識しておくと、立ち回りに余裕が持てるでしょう。

まとめ

さて、まとめです。

今回は

並ランサーでも勝てる!
超強化されたヌシ・ジンオウガを討伐する為の生存戦略

というテーマで、ヌシ・ジンオウガ重大事変の攻略方法を書いてきました。


ヌシ・ジンオウガ重大事変堅実にクリアする為には、下記のようなことを意識して装備を作り、立ち回ることが重要だとお伝えしました。

雷耐性防御力は大事!

削りダメージ対策にはアンカーレイジを使おう

噛みつき→タックル→前脚溜め叩きつけに要注意

アンカーレイジを使うタイミングが攻略のカギとも言えますね。

本記事で紹介した攻撃以外にも「この攻撃はどう対処したら良い?」といったものがございましたら、お気軽にコメントを残していただければと思います。

個別に対応、
または記事内に追加させていただくかもしれません。


本記事は以上となります。

この記事が「役に立った」と思ってもらえたら、記事のシェア筆者のTwitterのフォローをしていただけるととても嬉しいです。

今後の記事更新の
励みにもなります!


ここまでお読みいただきありがとうございました。

ではまた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
テク

大阪在住の24歳男。
モンハン歴は10年(3G〜Sunbreak)
ランス歴約9年のランサーです。
(根っからのガードランサー)

Twitterフォロワー数9,300人超え。

当ブログでは、モンスターハンターシリーズの武器種「ランス」についての情報をメインに発信中。

最高月間PVは23万。

当ブログ記事の引用に関するガイドラインはこちら

モンハンにおけるプレイスタイルは「とにかく死なないこと」を優先しているので、火力スキルより生存スキルを積みがち。

より詳しいプロフィールは名前をタップ!

テクをフォローする
ランス(Rise)
\ぜひシェアをお願いします/
テクに狩る

コメント

  1. 匿名 より:

    事変のヌシジンオウガはガード性能5未満では削りが強烈過ぎて通常ガードでの戦いづらさが目立ちました……しかし一転してガード性能5まで盛れば電撃お手々のような気軽に連発してくる攻撃も軽々受け止められ、しかしジャンピングお手々のような大技はガッツリとノックバックが発生するぶんアンカーレイジで黄色バフが取れたりと、とてもメリハリある戦いが出来るモンスターでしたね

    • テクテク より:

      コメントありがとうございます!

      仰る通り、ヌシオウガはガード性能スキルの恩恵を実感しやすいモンスターですよね!
      火力スキルを削ってでもガード性能を積む価値はあると思います(゚∀゚)

  2. 匿名 より:

    他のヌシ事変はガ性3でオトモの回復笛なりシャボンなり間に合ったけど、こいつだけは間に合わないほど削られた。
    ガ性5とガ強3にしてヒトダマドリ全部集めて攻撃全部受けながら40分くらいかけて倒しました。
    そして今日ガ強が意味なかったことを知る

    • テクテク より:

      コメントありがとうございます!

      熾烈な狩猟、お疲れ様です…!

      本当に削りダメージが凄まじいですよね。

      ヌシオウガの大放電とか、ド派手な攻撃はガード強化が必要そうに見えますが、実はなくても大丈夫っていう…(笑)

タイトルとURLをコピーしました