【モンハンライズ】全部同じではない?!ランスの飛び込み突き3種をサクッと解説

飛び込み突き3種の解説ランス(Rise)
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク
この記事の対象者

・ランスを使っているハンターさん

・ランスを使い始めて間もないハンターさん

こんにちは。テク(@Tech_Lancer)です。

ランスには攻撃アクションの一つとして「飛び込み突き」という技が存在します。

飛び込み突き
飛び込み突き

この「飛び込み突き」ですが、実は同名の攻撃技が3種類あるのをご存知でしたか?

その3種類とは下記の通りです。

  • ガードダッシュ後の飛び込み突き
  • シールドチャージ後の飛び込み突き
  • 流転突き(2回目)終了後の飛び込み突き

これらの飛び込み突きは技名こそ同じですが、

  • 攻撃力
  • ヒット数

異なっています。

ヒット数が違うのは
ガードダッシュ後の飛び込み突き。

他の飛び込み突きは1ヒットですが、こちらのみ3ヒットとなっています。

というわけで本記事では、上記3種類の「飛び込み突き」についてサクッとご紹介していきます。

この記事を読むことで、3種の飛び込み突きれぞれの特徴使い分け方が分かるでしょう。

筆者情報!

・MH歴10年
・ランス歴9年
・MH4G、MHW:Iでランス回数カンスト経験あり
・MHRiseのランス使用回数は現在3000回超え
・ライズプレイ時間は現在900時間超え

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3種の飛び込み突き

飛び込み突き

まずはもう一度、3種類の飛び込み突きについておさらいです。

3種類の飛び込み突き

ガードダッシュ後の「飛び込み突き」

シールドチャージ後の「飛び込み突き」

流転突き(2回目)終了後の「飛び込み突き」

これら3つについて
以下より詳しく解説していきます。

ガードダッシュ後の「飛び込み突き」

3種類ある「飛び込み突き」の大元のモーションとなっているのが、このガードダッシュ後の飛び込み突きです。

このアクション自体は「MHW」から登場しました。

【ガードダッシュ後の飛び込み突きの出し方】

ガードダッシュのコマンド入力後
Aボタン」を押す

【関連記事】
【モンハンライズ】ランスのガードダッシュを基礎から解説!【出し方のコツも】

こちらの攻撃力ヒット数は下記の通りです。

■攻撃力
1発目:11
2、3発目:
(合計で29)

■ヒット数:

3発とも攻撃力は控えめ

そのため、積極的に繰り出すというよりはモンスターとの距離を詰めるついでに当てておく、といった感じで使うのが良いでしょう。


このガードダッシュ後の飛び込み突きヒット判定は少々特殊で、初撃を当てた箇所に対して3回ヒットするという仕様になっています。

初撃ヒット箇所に対して3ヒット当たる」という特徴を活かすことで、こんなプレイも可能です。▼

時間差で撃墜!
意図して狙うのは難しいですε-(´∀`; )

また、「ガードダッシュ後の飛び込み突き」と同じ特徴の飛び込み突きは、パワーガードの後にも出せます。▼

パワーガード後の飛び込み突き

【関連記事】
【モンハンライズ】ランスのパワーガードの特徴やメリット&デメリットを徹底解説!

パワガ後の飛び込み突きの攻撃力やヒット数
ガードダッシュ後の飛び込み突きと同様なので、
この項目に含めました。

シールドチャージ後の「飛び込み突き」

シールドチャージ後の飛び込み突き

続いては「シールドチャージ後の飛び込み突き」についてご紹介していきます。

【シールドチャージ後の飛び込み突きの出し方】

シールドチャージのコマンド入力後
Aボタン」を押す

【関連記事】
【モンハンライズ】ガードと突進を同時にこなす!シールドチャージ解説

シールドチャージ後の飛び込み突き攻撃力とヒット数は下記の通りです。

■攻撃力:50

■ヒット数:1

シールドチャージ後の飛び込み突きの攻撃力50と高めなため、

  • モンスターのダウン中にラッシュをかける
  • リスクを取って、突進してくるモンスターを迎撃する

といった使い方ができます。

モーションを見ていると
そのまま槍を投げ飛ばしてしまいそうな勢いですが、
もちろん槍投げはできません(笑)

流転突き(2回目)終了後の「飛び込み突き」

流転突き後の飛び込み突き

最後に「流転突き(2回目)終了後の飛び込み突き」についてご紹介します。

【流転突き後の飛び込み突きの出し方】

流転突きを2回出した後
Xボタン」を押す

【関連記事】
【モンハンライズ】ランスが青くなる!?流転突きを基礎から解説【最高峰の威力】

流転突き後の飛び込み突き攻撃力とヒット数は下記の通りです。

■攻撃力:90

■ヒット数:1

見ての通り、3種類の飛び込み突きの中でもダントツで高い攻撃力を誇るのが、この「流転突き後の飛び込み突き」なんですね。

この攻撃力の高さから、3種類の飛び込み突きの中でも使う頻度が最も高いのが、「流転突き後の飛び込み突き」なのではないでしょうか。

モンスターのダウン中のラッシュをかける際はもちろん、攻撃力の高さを活用してダウンを取る際にも重宝します。

ディレイをかけられる時間もかなり長く、使い勝手がとても良いのです。

ディレイとは

コマンドの操作受付時間中、ボタンを最速で入力するのではなく、わざと遅らせてから入力すること。

ほぼデフォルトの構えに戻った状態から飛び込み突きが出せるほどに、操作受付時間が長いです。

流転突き後の飛び込み突きについて「より詳しく知りたい」という方は、下記記事をご覧になってください。

【関連記事】
【モンハンライズ】ランスが青くなる!?流転突きを基礎から解説【最高峰の威力】

まとめ

飛び込み突き解説

さて、まとめです。

今回は

全部同じではない?!
ランスの飛び込み突き3種をサクッと解説

というテーマで、ランスの飛び込み突き3種類について解説しました。

【ランスの飛び込み突き3種】

ガードダッシュ後の飛び込み突き

シールドチャージ後の飛び込み突き

流転突き(2回目)終了後の飛び込み突き

ガードダッシュ後の飛び込み突き」と同じ特徴を持つ「飛び込み突き」は、
パワーガードの後にも出せることも紹介しました。

それぞれの飛び込み突きの使い分け方に関しては次の通りです。

ガードダッシュ後の飛び込み突き
モンスターとの距離を詰めるついでに使う

シールドチャージ後の飛び込み突き
・モンスターのダウン中にラッシュをかける際に使う
・シルチャで距離を詰めたついでに使う

流転突き(2回目)終了後の飛び込み突き
流転突きを多用する立ち回りのメイン攻撃手段として使う
・モンスターのダウン中にラッシュをかける際に使う

もちろん、これはあくまで一例です。

狩りをしていく中で「ここでも使えそうだな」と思える箇所では、どんどん取り入れていきましょう。

3種類の飛び込み突きを攻撃力順で並べると、下記のようになります。

1位.流転突き(2回目)終了後の飛び込み突き

2位.シールドチャージ後の飛び込み突き

3位.ガードダッシュ後の飛び込み突き


本記事で紹介した飛び込み突き3種の攻撃力に関しては、下記の公式ガイドブックを参考にしております。


本記事は以上となります。

この記事が「役に立った」と思ってもらえたら、ぜひ記事のシェア筆者のTwitterのフォローをしていただけると嬉しいです。

今後の記事更新の
励みにもなります!

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ではまた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ランス(Rise)
スポンサーリンク
\ぜひシェアをお願いします/
テクをフォローする
テクに狩る

コメント

  1. コステロ より:

    記事作成お疲れ様です。

    ガードダッシュからの飛び込み突きは
    Wから追加されたモーションでガードダッシュと合わせて
    距離詰めに使われるモーションでしたが
    当初は今みたいなロック機能は無く、カス当たりで
    ダメージが減るみたいな悲しい事も
    頻発しておりましたな…
    斬れ味消費もヒットした回数分あったので
    専ら移動技の側面が強く、モーション値も9*3で
    今よりも低めでした。
    今作ではロック機能、斬れ味は3ヒットだけど1消費、
    モーション値も最後3発目が11に変更と
    だいぶ強化されてますな。

    シルチャからの飛び込み突きは
    実質シルチャ版フィニッシュ突きと
    言った感じですよね。
    流転を装備してる時はそっちを使えば
    良いかなぁ…ってなりがちなので
    レイジ選択時の距離詰め+火力行動と言った
    印象です。
    スタンを既に取ってたり、
    頭の位置が高いモンス等に使っていきたい
    モーションですね。

    流転突きの飛び込み突きは
    これがあるおかげで今作のランスの火力が
    伸びたとも取れるし、流転棒なんて
    呼ばれ方をしている原因だったりする
    功罪の大きいモーションですな。
    ライズで強かった分サブレでは
    弱体化されそうで不安な懸念点の
    1つでもあります。
    13秒で合計モーション値220は大きいですよね。

タイトルとURLをコピーしました